1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

AI・IoTプラットフォームサービス「OPTiM Cloud IoT OS」、バージョンアップを実施、他社アプリとの認証連携機能を強化

@Press / 2021年11月17日 15時15分

AI・IoTプラットフォームサービス「OPTiM Cloud IoT OS」、バージョンアップを実施、他社アプリとの認証連携機能を強化
AI・IoT・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーである株式会社オプティム(以下 オプティム)は、AI・IoTプラットフォームサービス「OPTiM Cloud IoT OS」の「IDM/IAM※1」機能を強化し、サードパーティーアプリケーションとSAML※2連携してシングルサインオンができるようになりました。これにより、「OPTiM Cloud IoT OS」は、サードパーティーアプリケーションと連携したソリューションをより構築しやすくなりました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/285676/LL_img_285676_1.png
AI・IoTプラットフォームサービス「OPTiM Cloud IoT OS」、バージョンアップを実施、他社アプリとの認証連携機能を強化

また、オプティムでは「IDM/IAM」機能をベースとした、クラウド認証基盤サービス「OPTiM ID+」を提供しておりますが、同機能はOEM提供もおこなっております。そのため、「IDM/IAM」機能を用いた自社ブランドのID基盤サービスの構築にご利用いただけます。


■「IDM/IAM」機能とは
「IDM/IAM」機能とは、「OPTiM Cloud IoT OS」の機能群の中で、ID管理を担っている機能です。オプティムでは「IDM/IAM」機能の定期的に強化を実施しております。現在は組織に適したユーザー管理機能、一括メンテナンス機能をはじめとし、SAML2.0認証、OpenID Connect認証、Azure AD認証を用いて顧客の社内認証基盤やサードパーティーアプリケーションのIDと連携し、シングルサインオンやプロビジョニングを実施することができます。
そのほか、セキュリティを担保する機能として、不審なアクセスを監視するための監査ログや、不正ログインを防止するための多要素認証(メールに確認コードを送信するメール認証、認証アプリを用いたTOTP※3による認証、Optimal Biz導入デバイスのみ認証可能となるデバイス認証が利用可能)に対応しています。


■「OPTiM Cloud IoT OS」とは
「OPTiM Cloud IoT OS」とは、AIとIoTを繋ぐプラットフォームサービスです。「OPTiM Cloud IoT OS」はIoT端末をセキュアに管理・制御し、IoT端末より取得したデータの蓄積や分析、各種AIの活用、さまざまなクラウドサービスとの連携を可能とします。さらに、専用ID管理、複数企業での協働を支えるアクセス制御機構、アプリケーション販売機能により、オープンプラットフォームのビジネス基盤としても利用いただけるだけでなく、新規プラットフォームの立上げ(OEM提供を含む)やアプリケーション開発・販売の効率的な運用支援も提供いたします。

「OPTiM Cloud IoT OS」についての詳細は、以下のWebサイトをご確認ください。
https://www.optim.cloud/platform/


■「OPTiM ID+」とは
「OPTiM ID+」とは、クラウドサービスのログイン情報を一元化し、IDセキュリティを強化するクラウド認証基盤サービス(IDaaS※4)です。国内市場11年連続シェアNo.1※5 MDM※6サービス「Optimal Biz」を用いてデバイス認証ができる特徴的な機能が備わっているほか、オプティムのあらゆるサービスと連携することができます。

詳細は以下のWebサイトをご確認ください。

「OPTiM ID+」製品情報
https://www.optim.co.jp/optim-id-plus/
「Optimal Biz」製品情報
https://www.optimalbiz.jp/


※1 IDM/IAM:Identity Management/Identity and Access Managementの略。専用IDでユーザーやグループ(組織や現場等)を管理し、データへのアクセス等を適切に認証・認可する機能。
※2 SAML:Security Assertion Markup Languageの略。異なるドメイン間で認証情報を連携して利用中の認証基盤から外部クラウドサービスにシングルサインオンを可能とする仕組み。
※3 TOTP:Time-based One-time Passwordの略。時間に基づいて生成されるワンタイムパスワードによって認証する仕組み。
※4 IDaaS:Identity as a Serviceの略。ID(Identity:アイデンティティ)の管理をクラウドで行い、情報システム担当者の管理負荷軽減や、セキュリティ対策を行うことができる企業向けサービス。
※5 出典:デロイト トーマツ ミック経済研究所
「クラウドサービス市場の現状と展望 2013年度版」IT資産管理(MDM含む)市場「合計売上高」2011年度~2012年度実績、「コラボレーション/コンテンツ・モバイル管理パッケージソフトの市場展望」MDM出荷ID数(SaaS・ASP含む)2013年度~2017年度実績、「コラボレーション・モバイル管理ソフトの市場展望」MDM出荷ID数(SaaS・ASP含む)2018年度~2020年度実績および2021年度予測より。
※6 MDM:Mobile Device Management(モバイルデバイス管理)の略。スマートフォン、タブレット端末の管理、セキュリティをサポートし、端末紛失・盗難時の情報漏えい対策、リモートロック、不正利用アプリケーションの起動禁止などを行う企業向けサービス。


【オプティムの目指す、オプティマル事業とは】
~Optimal【形】最適な、最善の、最も有利な~
急速なインターネット普及に伴い、これまでネットを利用したことのないユーザーがネットを利用する機会が増えており、このユーザー層にとって現状のネットは必ずしも使いやすいものではありません。このような状況にあって、ネットを空気のように快適で、息をするように無意識に使えるサービス・インフラに変えていく。オプティマル事業とは、そのためのオプティム独自の最適化技術によるサービス事業の総称です。
製品情報 : https://www.optim.co.jp/services
Facebookページ: https://www.facebook.com/optimjpn
Twitterページ : https://twitter.com/optim_jpn


【株式会社オプティムについて】
商号 : 株式会社オプティム
上場市場 : 東京証券取引所市場第一部
証券コード : 3694
URL : https://www.optim.co.jp/
OPTiM SAGA(佐賀本店) : 佐賀県佐賀市本庄町1 オプティム・ヘッドクォータービル
OPTiM TOKYO(東京本社): 東京都港区海岸1丁目2番20号 汐留ビルディング 21階
OPTiM KOBE : 兵庫県神戸市中央区小野柄通7丁目1番1号 日本生命三宮駅前ビル11階
代表者 : 菅谷 俊二
主要株主 : 菅谷 俊二
東日本電信電話株式会社
富士フイルムビジネスイノベーション株式会社
設立 : 2000年6月
資本金 : 443百万円

主要取引先:
NTTコミュニケーションズ株式会社、株式会社NTTドコモ、株式会社大塚商会、キヤノンマーケティングジャパン株式会社、KDDI株式会社、株式会社小松製作所、ソフトバンク株式会社、西日本電信電話株式会社、パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社、東日本電信電話株式会社、富士フイルムビジネスイノベーション株式会社、リコージャパン株式会社など(五十音順)

事業内容:
ライセンス販売・保守サポートサービス(オプティマル)事業
(IoTプラットフォームサービス、リモートマネジメントサービス、サポートサービス、その他サービス)


【Copyright・商標】
※ 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。
※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください