motionBEAT、スマートフォン特化型DSP「Bypass」においてCyberZ社の「Force Operation X」と連携

@Press / 2012年7月13日 16時30分

モーションビート株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長:金子 陽三、証券コード:2497、以下「motionBEAT」)は、提供するスマートフォン特化型広告配信システム「Bypass」( http://www.bypass.jp/ja/ )において、株式会社CyberZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山内 隆裕、以下「CyberZ社」)が提供するスマートフォン広告向けソリューションツール「Force Operation X(以下F.O.X)」と連携いたしました。

「Bypass」はスマートフォンのRTB(※1)に対応した国内初のスマートフォン特化型DSP(※2)です。


この度、CyberZ社が提供しているスマートフォン広告向けソリューションツール「F.O.X」とmotionBEATのスマートフォン特化型DSP「Bypass」がRTBの広告配信において連携いたしました。

この連携により、「F.O.X」を導入している広告主様は「Bypass」のRTBによる広告買い付けが可能になります。

スマートフォン市場の中で大きな注目を浴びているRTBを活用する事で、広告主様のスマートフォン広告の費用対効果向上に貢献いたします。


【「Bypass」の主な機能】
■RTB(リアルタイムビッディング)
インプレッション毎に広告の入札を行う事で、広告主のターゲットとしているユーザーに広告配信を行う事が可能

■広告効果自動最適化
インプレッションごとに広告効果の予測を行い、広告主のCPAに見合う価格で広告の入札を行うことで広告効果の最適化を実現

■リターゲティング配信
広告主サイトの訪問者の履歴を元に、その訪問者に再度広告を配信することが可能

■オーディエンスターゲティング
近日実装予定

今後、「Bypass」は多彩なターゲティング、レポーティング機能の拡充を図るとともに、国内外のスマートフォンSSP、アドエクスチェンジとRTB接続を進めていくことで、サービスの拡充及びグローバル展開を積極的に実行してまいります。


【「Bypass」を活用した広告配信の流れ】
motionBEATでは今後も最新アドテクノロジーによる広告ソリューションを提供し、急速に拡大するスマートフォン広告市場においてリーディングポジションを獲得するべく全力で事業展開して参ります。


(※1)RTB(リアルタイムビッディング)とは
広告を閲覧するユーザーの行動履歴や広告が掲載される媒体の広告効果のデータをもとに、広告主がリアルタイムに広告枠のオークションに参加し、入札を行い、広告を掲載する仕組みになります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング