転職に強い自信を持つ営業・マーケティング職のプロフェッショナルスペシャリスト人材紹介会社ロバート・ウォルターズ、2012年上半期転職市場調査を発表

@Press / 2012年7月31日 10時0分

スペシャリスト人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社(日本オフィス:東京都渋谷区、代表取締役社長:デイビッド・スワン)は、2012年7月24日(火)、営業・マーケティング職に焦点を当てた「2012年上半期転職市場調査」を発表しました。


2012年上半期は同職の転職希望者が転職市場に対し自信を持っていたのが特徴的です。実際、同職の多くのバイリンガル、そしてスペシャリストが転職を実現させ、活発な転職市場が形成されました。

企業側では特に消費財企業がマーケティングのスペシャリスト採用に関心を示しました。これは、消費財企業の間で新製品の発売が増え、競争が激しい市場環境の中で販売促進を強める必要があったからです。
また、多くの消費財企業や小売り企業は、オンライン・マーケティングやeコマースの強化に努めています。こうした傾向は下半期も続くものと見込まれます。


ロバート・ウォルターズ・ジャパン、営業・マーケティング部門のディレクターであるRachna Ratraは、次のように述べています:

「昨今の市場における転職希望者の動きは、希望者が新たな職を得ることに自信があり、転職に対して強い自信を持っていると言えるでしょう。
事実、カスタマー・リレーションシップ・マネジメント、オンライン・マーケティング、そしてeコマースの経験を有するプロフェッショナルの場合、新規ポジション、後任ポジションともに、転職機会は豊富にあります。
一方、企業は営業・マーケティング職のプロフェッショナルの採用に際し、年内は他社との厳しい競争が予想されます。
有能な人材を確保するには、企業は採用プロセスの迅速化を検討する必要があるかもしれません。」


【その他の営業・マーケティング分野に見られる傾向】
・小売り企業は、カスタマー・リレーションシップ・マネジメント、eコマース、そして店舗開発に多大な投資を行っています。
・高級小売り分野においては、消費意欲の盛り返しが追い風となり、小売り販売やマーチャンダイジングにおける採用需要に繋がりました。
・企業向けソフトウェア・テクノロジー分野では、ソリューション・セールスを専門とする人材の採用活動が活発化しました。
・ヘルスケア分野では企業の採用需要が旺盛でした。資質・能力のあるプロフェッショナルの場合、通常、2~3社から仕事のオファーがあり、10%アップの給与水準が提示されています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング