飲食・小売・美容・サービス業向けシンガポール・東南アジア進出セミナー ~飲食サービス業による具体的な海外進出方法~

@Press / 2012年8月17日 12時0分

NIHON ASSIST SINGAPORE PTE.LTD.(シンガポール、代表取締役社長:関 泰二)は、2012年9月10日(月)東京 新宿にて飲食・小売・サービス業向けのシンガポール・東南アジアへの進出セミナーを開催いたします。

お申込みはこちら→ https://www.miraiz.bz/Seminar/SeminarRead/seminar_id/257/


■東南アジアへの日系企業進出

成長を続ける東南アジアは、日本の近隣に位置し、もっとも将来性が期待される経済圏のひとつです。かつては製造業の生産拠点であったこのエリアも、経済成長により中間層の購買力が急速に拡大し、マーケットとしての魅力が増してきました。そのような背景のなか、昨今、飲食店や小売店の経営、日本食販売を行う日系企業の進出も相次いでいます。
一方で、宗教、文化、法律や商習慣の違い、味や趣味嗜好の違いなど多くの課題があり、進出が容易ではないことも事実です。

今回のセミナーでは、数々の日本の『農林水産品・食品・フード・美容関連サービス業界』の海外進出支援を手がけてきた講師陣が、シンガポール+東南アジア市場の魅力と課題、具体的な進出方法について、事例を交えて解説いたします。


■開催概要

開催日時: 2012年9月10日(月) 13:30~16:30 (13:10 受付)
会場  : CROSSCOOP新宿(東京都新宿区新宿4-3-17 ダヴィンチ新宿ビル6階)
      地図→ http://crosscoop.com/conference/access_shinjuku
参加費 : 5,000円
定員  : 40名 ※先着順で定員になり次第、締め切らせていただきます
申込み先: https://www.miraiz.bz/Seminar/SeminarRead/seminar_id/257/


■プログラム

<基調講演>
観光統計から見るシンガポール

<第1部>
シンガポール東南アジア市場の可能性と展示会を活用した海外販路拡大
 ―拡大する東南アジアの中間層の実態と展示会の活用
<第2部>
シンガポールをハブとした進出のメリットと具体的進出ステップ
 ―シンガポールの活用と、日系企業の成功・失敗から学ぶ進出
<第3部>
海外進出時の資金調達
 ―海外での資金調達環境と具体的事例
<第4部>
海外進出時の市場調査、戦略構築、オフィス選定、出店サポート

<終了後>
質疑応答・名刺交換会


■講師紹介

<基調講演>
・シンガポール政府観光局 大石 洋介氏

<第1部>
・株式会社おいしいJAPAN 代表取締役 西田 滋直氏
食品・飲食業界の見本市の企画立案、国内外のバイヤー誘致、顧客開拓のプロジェクトを経験。食品・飲料メーカー、フードサービス関係者、自治体・政府関係者との豊富な人的ネットワークを元に日系企業の海外事業立ち上げを支援し、食品・F&B業界に特化したインキュベーションを展開中。

<第2部>
・NIHON ASSIST SINGAPORE PTE.LTD. (元シンガポール共和国大使館 商務部) 関 泰二
シンガポールの政府省庁、IEシンガポール及び在京シンガポール大使館での経験や政府関係者との人脈を活かし、数々の日本企業の東南アジア進出を支援中。サービスオフィス運営会社CROSSCOOP SINGAPOREを設立し、Directorに就任。店舗出店コンサルティングおよび商業施設管理会社NIHON ASSIST SINGAPOREの経営に参画。また2012年5月から投資銀行RISA PARTNERS ASIA PTE. LTDの取締役にも就任

<第3部>
・RISA PARTNERS ASIA PTE. LTD. 梶岡 太郎氏
投資銀行業務を展開する同社にて、中堅中小企業の経営課題に対して投資による事業支援を行う他、MBOや事業支援に必要な資金を提供するプロジェクトファイナンス事業経験も豊富。2012年よりシンガポールに赴任。


≪NIHON ASSIST SINGAPORE PTE.LTD.サイトURL≫
http://www.nihon-assist.com

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング