公共施設予約システム『オープンリーフ(OpenReaf)』がソーシャルメディア連携に対応

@Press / 2012年8月23日 10時0分

オープンソースソフトウェア開発事業を行う株式会社ジーウェイブ(所在地:千葉県千葉市美浜区、代表取締役社長:吉田 善幸 以下、ジーウェイブ)は、自治体向け公共施設予約システム『オープンリーフ(OpenReaf)』にて、ソーシャルメディア連携に対応する機能拡充を行い、8月23日から提供開始いたします。

『オープンリーフ(OpenReaf)』公式サイト: http://openreaf.jp/

【『オープンリーフ(OpenReaf)』ソーシャルメディアとの連携について】
『オープンリーフ(OpenReaf)』は、2010年11月にVer.5.0.0を公開して以来、OSS(オープンソース・ソフトウェア ※1)版、自社独自の技術により機能強化した製品版(ver.7.x)ともにバージョンアップを重ね、機能向上、性能向上をしてきました。
このたび、導入自治体様からの声を受け、ソーシャルメディアに対応する機能を新たに追加いたしました。
施設管理者は平常どおり『オープンリーフ(OpenReaf)』の管理画面から施設の最新情報を投入するだけで、TwitterやFacebookなどに情報を発信することができるようになります。

また、ジーウェイブでは、『オープンリーフソーシャルメディア連携サービス』を開始し、RSS GraffitiやTwitterfeedなどの自動投稿サービスの各種設定代行や、配信先であるFacebookページの作成など、包括的にサービスを提供してまいります。

オープンリーフソーシャルメディア連携概要ページ:
http://openreaf.jp/modules/pages/index.php?content_id=3


【『オープンリーフ(OpenReaf)』について】
『オープンリーフ(OpenReaf)』は、OSS公共施設予約システムとして2008年4月に公開して以来、地方自治体や大学、各種団体、企業など、多くのユーザ様にご導入頂き、オープンソースを活用した本格業務パッケージとして高い評価をいただいています。
OSSの提供のほか、手厚いサポートを完備したクラウドサービスもご提供しており、ご好評をいただいています。

『オープンリーフ(OpenReaf)』並びにジーウェイブでは、OSSを活用したサービス基盤とサポートに対するお客様の幅広いニーズに的確に応えてまいります。地域ベンダー各社と連携し、地方自治体をはじめとしてオープンソースの普及を図るとともに、コミュニティへの貢献を目指してまいります。

◆用語説明
(※1)OSS:Open Source Software (オープン・ソース・ソフトウェア)


【株式会社ジーウェイブ 概要】
設立  : 2003年6月
所在地 : 〒261-8501
      千葉県千葉市美浜区中瀬1-3 幕張テクノガーデンB棟10階
代表者 : 代表取締役社長 吉田 善幸
資本金 : 1,000万円
事業内容: オープンソースソフトウェア開発事業
      ITコンサルティング事業
      Web制作支援事業
URL   : http://www.ziwave.com/

※「OpenReaf」は、株式会社ジーウェイブの登録商標です。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング