GfK Japan調べ:2012年上半期 家電・IT市場動向

@Press / 2012年8月28日 17時0分

 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン株式会社(所在地:東京都中野区、代表取締役社長:藤林 義晃)は、2012年上半期の家電およびIT市場の販売動向を発表した*1。


【国内家電流通:商品構成比が大きく変化】
 アナログ停波から1年が経過し、家電量販店では売り場の再編が進み、商品構成が大きく変化した。家電販売金額全体に占めるAV商品の構成比は、2011年上半期は30~40%程度であったが、2012年第1四半期(1-3月期)では20%前後に縮小、6月には約15%となった。売り場では、前年まで存在感を示していたテレビに替わり、スマートフォンやタブレット端末、太陽光発電システムなど伸び盛りの商品が前面に押し出されている。


【薄型TV:販売台数は前年比59%減の480万台、大画面クラスが構成比を拡大】
 2012年上半期の薄型TVは480万台となった。前年上半期がエコポイント制度やアナログ停波により上半期としては過去最高の販売台数であった反動から、前年比では59%減となった。アナログ停波以降、大画面TVの構成比が拡大し、37インチ以上の数量構成比は前年の22%から28%に増加した。2007年から2010年にかけては、37インチ以上の数量構成比は30%超であったことから、大画面TVの更なる拡大が期待される。


【DVD/Blu-ray:アナログ停波の反動から、数量前年比31%減と縮小】
 プレーヤー・レコーダー合計で数量前年比31%減の348万台となった。市場の過半を占めるBlu-rayレコーダー(以下 BDレコーダー)は薄型TV同様、前年特需の反動により同37%減の194万台となった。BDレコーダーのHDD容量はトリプルチューナーやタイムシフト機能の搭載に伴い大容量化が進展。1TBクラスの数量構成比は前年から10%ポイント増加し20%に達した。


【パソコン:リテール市場は前年並み、リセラー市場は堅調な増加】
 市場全体では数量前年比3%増の802万台となった。リテール市場は数量前年比1%増となった。ノートPCは14インチ以上のスタンダードノートが引き続きけん引し、同4%増となった。一方で、デスクトップPCは地デジチューナー搭載ディスプレイ一体型の需要が一服したことからマイナス成長に転じた。平均価格は依然、下落傾向にあり、金額ベースでは前年比10%減となった。リセラー市場は数量前年比7%増を記録した。2014年のWindows XPのサポート終了に向け、企業におけるリプレース需要は堅調と見られる。平均価格は下落傾向にあるが、金額前年比は前年水準を維持した。

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング