システム・ジェイディー、太陽電池アレイテスター「SOKODES」の本格販売を開始!

@Press / 2012年9月28日 9時30分

株式会社システム・ジェイディー(所在地:福岡市早良区、代表取締役:伊達 博)は、2012年3月に発売を開始後ご好評をいただいておりました、太陽電池モジュールの不具合を自動検出する装置「SOKODES(ソコデス)」の販売を本格的に開始いたしました。

「SOKODES(ソコデス)」URL: http://www.system-jd.co.jp/product/SOKODES_A4.pdf


■「SOKODES」とは
「SOKODES」は、複数のモジュールの電気抵抗を同時計測し、配線の接続不良などを即座に検知、障害個所を特定することができます。
従来、モジュール単位での障害個所の特定は難しく、メンテナンス上の課題となっていました。
この度、多くの太陽光発電システムの実測結果を反映させ、バージョンアップ致しました。

価格:850,000円(税別)
(別途「SOKODES」の使用方法や太陽電池アレイのメンテナンス方法を学んで頂く講習会費用、および1年間の保守費用として200,000円を頂いております。)

<「SOKODES」特長> 3つの“S”
(1) Safety
屋根に登らず、接続箱からの測定で落下の心配がなく安全な作業が可能

(2) Speedy
容易に素早く発見でき、大幅な工数削減を実現

(3) Simplicity
簡単なキー操作で測定可能、結果は大型液晶表示

「SOKODES」の用途はPV取付時、PV定期点検時、PV異常時に検査装置として使われます。一般住宅から産業施設までの太陽光発電システムの定期的な保守・点検をお考えのユーザー様に最適な検査装置です。


※2012年12月5日~7日に幕張メッセで開催される「PVJapan 2012」で、本装置を展示する予定です。
※本装置は、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)より委託された「新エネルギーベンチャー技術革新事業(太陽光発電)」の成果を(一部)活用しています。


<「SOKODES」の製品概要>
障害位置検出     : 測定単位 単一ストリング
             ストリング長 20枚以下
             測定時間 20秒以下
外形寸法       : 116mm(W)×51.5mm(D)×226mm(H)
重量         : 690g(本体+電池)
電源         : 単3乾電池4本(連続測定時間 8時間)
プリンタインタフェース: Bluetooth
URL          : http://www.system-jd.co.jp/product/SOKODES_A4.pdf


<会社概要>
商号  : 株式会社システム・ジェイディー
所在地 : 福岡県福岡市早良区百道浜3-8-33
代表者 : 代表取締役 伊達 博
創立  : 平成14(2002)年3月
資本金 : 1億150万円
事業内容: LSIの設計・検査、半導体のテスト容易化設計・技術開発、
      太陽電池の故障診断サービス
URL   : http://www.system-jd.co.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング