リビングライフの1棟まるごとリノベーション太陽光発電システム搭載の【リリファ北松戸】新発表

@Press / 2012年12月17日 11時0分

【リリファ北松戸】完成予想図
株式会社リビングライフ(本社:東京都世田谷区、代表取締役:炭谷 久雄)は、リノベーション再販事業として、千葉県松戸市にある企業社宅を取得し、1棟まるごとリノベーションマンション【リリファ北松戸】として、2013年1月より販売することとなりましたので発表いたします。


▼駅近でかなう、価値ある1棟まるごとリノベーション
【リリファ北松戸】はJR常磐線北松戸駅より徒歩7分。駅近ならではの快適さと、全戸102平米超のゆとりに加え、「全量買取制度」の設備認定を受けた太陽光発電システムが設置されます。スカイツリーが一望できる屋上スカイテラス、家族分の自転車や大型バイクが身近に管理できる無料の屋内サイクルポートも新設。また、建物全体のセキュリティ機能を高め、防災備蓄庫も設置します。【リリファ北松戸】は、良質の住まいにさらなる魅力をプラスしたリノベーションマンションです。


▼日本初・「全量買取制度」の設備認定を受けた太陽光発電システムを搭載
【リリファ北松戸】の屋上には、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」(2012年7月1日施行)による「全量買取制度」の設備認定を受けた太陽光発電システム(18kW)が搭載されます。太陽光発電システムで作られた電気は20年に渡り電力会社に買い取ってもらうことができ、売電利益は管理組合に還元され、戸当たりの管理費の負担を軽減します。
環境に優しい太陽光発電システムは、環境への配慮はもちろん、住民のエコロジー意識を向上させ、マンションそのものの付加価値もアップさせます。

「全量買取制度」の設備認定を受けた太陽光発電システムが搭載されたリノベーションマンションは、【リリファ北松戸】が日本初となります(自社調べ)。


▼防災備蓄庫『まもりBOX』設置
東日本大震災以来、多くの新築マンションで防災備蓄庫の設置が進められていますが、リノベーションマンションではまだまだ遅れているのが現状です。【リリファ北松戸】では、新築と同様の防災対策をご提供したいと考え、共用部分に防災備蓄庫『まもりBOX』を設置いたします。

<防災備蓄庫『まもりBOX』について>
リビングライフの防災備蓄庫『まもりBOX』は、「ライフラインが復旧するまでの3日間、明るく・暖かく・安全に」がコンセプトです。個々人では用意が難しい大型の防災備品を中心に、マンションの規模にふさわしい数を揃えていきます。
設置予定:大型テント・投光器・発電機・仮設トイレ・五右衛門風呂・かまどベンチ他

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング