カーシェア業界初の3時間パック導入について ~業界で最もお得な料金レベル 3時間パック 2,000円で利用可能に~

@Press / 2013年1月21日 14時0分

3時間パック
三井物産株式会社100%出資のカーシェアリング・ジャパン株式会社(以下 CSJ、本社:東京都渋谷区、代表取締役:村山 貴宣)は、同社が運営するカーシェアリング・サービス「カレコ・カーシェアリングクラブ」において、業界初の「3時間パック」を2月1日から導入することをお知らせいたします。また、この「3時間パック」導入に伴い、一部利用料金の値下げも行います。


CSJは、カーシェアリングを“豊かな暮らしを支える次世代の交通インフラ・サービス”と位置づけ、「環境・街づくり」「地域密着」「スマート&ファン」「パートナーシップ」をキーワードに、東京都(23区中心・調布市・福生市)、神奈川県(横浜市・川崎市)、千葉県(浦安市・市川市・船橋市)、埼玉県(さいたま市・川口市・戸田市)を中心にカレコ・カーシェアリングクラブとしてサービスを展開しています(2013年1月15日時点 480ステーション・559台)。

2月1日から導入する「3時間パック」は、主要カーシェア会社では初めての導入です。CSJの主力料金プランである「バリュープラン」の場合、3時間2,000円(別途、距離料金が必要)となり、カーシェア業界でも最安クラスの料金でご利用になれます。しかも、全車種一律料金(*1)ですので、ハイブリッドカーの「プリウス」「プリウスPHV」、多人数で乗れる「ヴォクシー」「フリード」、スポーツカータイプの「ハチロク」「CR-Z」等も同じ3時間2,000円で利用でき、たいへんお得です。
また、3時間パックの導入に伴い、一部の料金プランでは6時間パックの値下げも行います。「バリュープラン」の場合、従来の5,900円から、4,000円に値下げします。約22%の値下げとなります。(プリウスの場合)

CSJは、カーシェアリングの普及と使いやすさを追求し、ご予約時間に応じて自動的に最適なパック料金を割り当てるCSJ独自の料金システムを2009年6月に開発、また、2011年3月には、レンタカーと比べて割安になるよう長時間のパック料金の見直しを行ってきました。
その後、昨年11月に実施したカレコ・カーシェアリングクラブ会員を対象としたアンケートでも、月に1度以上クルマを利用する割合が回答者の65.3%にのぼるなど、ますますカーシェアリングが暮らしの一部として浸透するトレンドが強まっています。CSJでは、カーシェアリングをさらに手軽にご利用いただける様に、短時間でのご利用もお得な「3時間パック」を導入します。
この新価格導入を通じて、従来のお客様の利便性向上と新たなカーシェアのニーズを喚起していきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング