法政大学通信教育部、2013年4月から大幅なカリキュラム改革と制度変更 新たに通信制による本物の学部教育を本格的に開始!

@Press / 2013年2月8日 14時0分

近年の「学修」に対する目的・期待される効用
法政大学通信教育部(所在地:東京都千代田区、理事長:増田 壽男)は、2013年4月より、受講科目の増加や受講料の値下げをはじめとした大幅なカリキュラム改革と制度変更を行います。
http://www.tsukyo.hosei.ac.jp/

法政大学通信教育部は、荒廃した国土、社会の復興が急務な1947年にわが国最初の通信教育部として設立され、以降今日まで60年以上にわたり「いつでも、だれでも、どこでも」という通信制の教育システムの特性を発揮し、本学通学課程の卒業生に勝るとも劣らない専門的な知識や教養を備えた多くの優れた人材を社会に広く輩出してきました。この伝統と実績は高い教育の質を保証することで初めて支えられ得るものと信じています。

近年、学生全体に占める社会人や高齢者の割合が増加しています。学修目的が、学士資格の取得だけでなく、自らが進化するための学習の場として安心して所属できる自由なコミュニティ(法政人脈)を創成し活動することや、高齢者の学問的な知的好奇心を充足させることなど、新たなものも生まれ、多様化しています。

近年の「学修」に対する目的・期待される効用:
http://www.atpress.ne.jp/releases/33293/1_1.jpeg


【カリキュラム改革・制度変更の背景】
終身雇用施制の崩壊や離職率の増大や海外での就労機会の増加等という現象の中で、就業後のキャリアアップや転職に際してのキャリアリメイクへの効用も求められています。
一方、情報技術(IT)の著しい進展により、学習方法は、これまでの添削指導とスクーリングを中心としたものから、インターネットを媒体としたメディア授業の拡大やメールによる双方向教育の展開等によってe-Learningを中心としたものに変貌しつつあります。
このような変化に対応すべく、土日祝に開講する週末スクーリングの開設、新入生・在学生向けの学習ガイダンスの開催や情報技術(IT)を活用したメディアスクーリングの拡充など、新たな取り組みを行って開講科目数の増加と授業内容の一層の充実を図って参りましたが、今回、段階を試行から本格実施へと移します。その主なカリキュラム改革と各種制度の変更の内容は次のとおりです。


【1.主なカリキュラム改革の内容】
●法学部法律学科
・科目名称を、学習内容が把握しやすいように改めます。

・選択必修科目の増加、科目(倒産法)の新設により、科目の選択肢を増やします。

@Press

トピックスRSS

ランキング