「相続」の暗く冷たいイメージを一新する新感覚・相続バラエティーRadio番組『相続の中心で愛を叫ぶ!』を4月5日よりスタート

@Press / 2013年3月29日 12時30分

相続の中心で愛を叫ぶ!「ゾクチュー」
富士・富士宮市の相続の専門家で構成される『ふじ相続サポートセンター』(本社:静岡県富士市、代表:岩山 直樹)は、この度、「相続」の暗く冷たいイメージを一新すべく、温かくも優しく、楽しく、熱く、ときに涙ありの新感覚な相続バラエティーRadio番組、その名も『相続の中心で愛をさけぶ!』略して「ゾクチュー」を4月5日(金)よりラジオエフにてスタートいたします。

ふじ相続サポートセンター: http://fuji-souzoku.com


■「本来の相続」と番組の目的
相続の『相』には、「姿・姿勢・カタチ・さま」という意味があります。また、「心」をつけると『想い』になります。
つまり本来の相続とは、「故人の素晴らしい姿・取り組んできた姿勢・生きざま・想いをカタチにし、後世に続ける(引継ぐ)こと」を言います。
決して財産を引き継ぐだけが、まして法律や手続きだけが相続ではありません。
相続は、もっと温かく、もっと大きく、もっと優しく、もっと楽しく、もっと素晴らしいものであることを、当番組を通して伝え、家族のために今を正しく一生懸命生き「想いをカタチ」にしてもらうことで、相続争い・相続トラブルを無くし、多くの家族に『幸せな相続』を迎えてもらうことを目的としています。


■番組の内容
<放送期間> 2013年4月~2014年3月
<放送日時> 第1金曜日 12:10~12:28(18分間)
<ナビゲーター>
・相続コーディネーター/税理士 岩山 直樹(せんたーちょー)
・終活コーディネーター 遠藤 琢也(エンドゥー)
<放送内容>
・オープニング(2分)
・コーナー『想いをカタチに』(10分)
 ~相続争いやトラブルなどを事例に、様々な相続対策や終活を楽しく紹介。
エンディングノートのススメ。
・コーナー『ラストラブレター』(4分)
 ~家族に最期の手紙を贈るとしたら?『家族に贈る最期の手紙(ラストラブレター)』を募集・朗読。
※第1回目はナビゲーターの岩山が「父に贈る最後の手紙」を披露する。
・エンディング(2分)


■ふじ相続サポートセンター概要
ミッションである『家族の絆の再確認』をもとに、富士・富士宮市の相続の専門家チームで構成された組織。
この地を知り尽くした専門家がチームを組み協力し、総合的かつ専門的視点によりワンストップで対応することで、相続に関する諸問題を早期に総合的に解決する。また、ラジオ番組や終活イベント、勉強会、相続コーディネーターの養成などを通じてミッションに基づいた『家族の絆を大切にした相続(対策・手続)』を提案する。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

ラジオ収録風景センターイメージ図エンディングノート

@Press

トピックスRSS

ランキング