シニアの買い物実態に関する調査~ チャネル特性(店舗型「対面販売」と通販型「非対面販売」)による特徴 ~

@Press / 2013年4月2日 10時0分

買い物店舗(方法)ごとの利用頻度・金額
シニアマーケットの専門機関である株式会社シニアコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:山下 健太郎、以下 当社)は、2013年2月に50歳以上男女に対して、「買い物に関するアンケート」と題した調査を実施しました。

・調査手法 :WEBアンケート調査
・対象者  :50歳以上の男女個人(シニアコムMASTER会員)
・有効回答数:740人(男性520人/女性220人)

この調査ではシニアの買い物について、店舗や方法などのチャネルにフォーカスし、その利用実態や購買内容を聴取しました。
結果として、百貨店やスーパー・専門店(小売店)のような『従来店舗(対面販売)』と、通販や宅配などの『非対面販売』の利用実態に傾向の違いが見られ、具体的に利用する品目や理由についても特徴が見られたため、このリリースではいくつかの項目を抜粋してご紹介します。


《当リリースで紹介する主な内容》
■買い物チャネルごとの利用概況≪買い物の概況≫
Q1-1_買い物店舗(方法)ごとの利用頻度
Q1-2_買い物店舗(方法)ごとの利用金額(月平均)

■買い物チャネルごとの利用状況・経緯≪買い物の内容≫
Q2-1_それぞれの店舗(方法)で購入する商品の分類(品目)
Q2-2_それぞれの店舗(方法)を利用する理由

■「対面販売」と「非対面販売」の利用割合
Q3_普段の買い物で、『対面販売』と『非対面販売』で買う割合


■買い物チャネルごとの利用実態≪買い物の概況≫
まず、普段の買い物で利用する店舗・方法の全体的な傾向を把握するために、買い物チャネルごとの『利用頻度』と『利用金額』を見ると、次のようになります。
Q1-1_買い物店舗(方法)ごとの利用頻度
Q1-2_買い物店舗(方法)ごとの利用金額(月平均)
画像: http://www.atpress.ne.jp/releases/34556/a_1.png


【調査結果の特徴】
・利用頻度を見ると、男女ともに従来の店舗(対面販売)である「スーパー(GMS)」が「週に1回以上」の利用頻度が最も高く、「コンビニ」がこれに続きます。
・一方で、通販や宅配などの非対面販売は、「通信販売(パソコンによるインターネット)」の「1ヶ月に1回以上」の利用割合がおよそ全体の半数近くに達しており、「百貨店(デパート)」「専門店(小売)」「大型量販店」「ドラッグストア」といった対面販売チャネルとほぼ同等となっています。
・また、利用する金額(月平均)で見ると、「10,000円以上」の価格帯では相対的に顧客単価が高いと想定される「百貨店(デパート)」がトップに上り、その他には「スーパー(GMS)/大型量販店」などが挙がります。利用頻度が高い非対面販売として挙がった「通信販売(パソコンによるインターネット)」は、「スーパー(GMS)」や「大型量販店」と価格帯が均衡する結果となりました。

@Press

トピックスRSS

ランキング