ユビキタス社とアットマークテクノ社、Armadilloシリーズ向けQuickBootで販売協業契約を締結

@Press / 2013年4月23日 11時30分

株式会社ユビキタス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三原 寛司、以下 ユビキタス社)と株式会社アットマークテクノ(本社:札幌市中央区、代表取締役:実吉 智裕、以下 アットマークテクノ社)は、このたび、ユビキタス社の高速起動ソリューション「Ubiquitous QuickBoot(ユビキタス クイックブート、以下 QuickBoot)」をアットマークテクノ社の組み込みプラットフォーム「Armadillo(アルマジロ)シリーズ」に適用し、インストールするだけで使用可能な「Ubiquitous QuickBoot RTP[ランタイムパッケージ](ユビキタス クイックブート アールティーピー)」を開発、中小規模の組み込みシステム向け高速起動ソリューションとして販売していくことで合意しました。第一弾として、Armadillo-440向けQuickBoot RTPを2013年5月下旬より販売します。


これまでユビキタス社は、QuickBootをSDK(ソフトウェア開発キット)として大中規模向けの組み込みシステム向けに展開してきましたが、さらにQuickBootビジネスを幅広い分野に展開させていくため、このたび数十~数千台程度の中小規模向け組み込みシステムに特化したQuickBoot RTPを開発しました。

中小規模の組み込みシステムでは、アットマークテクノ社が提供しているArmadilloシリーズのような「組み込みプラットフォーム」をベースにアプリケーションを開発し、それを量産して製品化する事例が増えています。それに対して、ユビキタス社は、このマーケットでの高速起動に対する需要増に着目し、より中小規模のシステムに導入しやすいQuickBoot RTPを開発しました。このQuickBoot RTPは機能を絞り込むことにより、低コストで、移植作業をすることなく、インストールするだけで、簡単に高速起動を実現することができるパッケージソフトとなっています。

QuickBoot RTPの第一弾として、さまざまな分野の組み込み機器に採用実績のある「Armadillo-440」に対応します。2013年5月下旬より、アットマークテクノ社の販売代理店を通じて販売開始します。

Armadillo-440向けQuickBoot RTPは、アットマークテクノ社から提供されるLinux BSPをそのまま利用して、アプリケーションを開発、量産されるユーザー向けの高速起動ランタイムパッケージです。Armadillo-440に搭載されているNOR フラッシュにシステムをインストールし、任意のタイミングでスナップショットイメージを取ることで、アプリケーションを高速起動(電源投入からシェルまで起動で、1~2秒)させることが可能です。デバイスについては、シリアル、フレームバッファ、タッチパネル、SD、USBホスト、イーサネットに対応しており、QuickBootのスナップショットイメージは、microSDカードに格納されます。マニュアルとして、QuickBoot Overview、QuickBoot RTP Manualが同梱されています。サポートサービスおよび量産ライセンスの購入については、別途必要となります。

@Press

トピックスRSS

ランキング