賃貸住宅市場レポート 首都圏版 2013年9月 および 関西圏・中京圏版 2013年9月 を発表

@Press / 2013年9月26日 10時30分

首都圏賃貸住宅市況図
 不動産評価Webサイト「TAS-MAP」( http://www.tas-japan.com/ )を運営する株式会社タス(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:立野 良太郎)は、「賃貸住宅市場レポート 首都圏版 2013年9月」および「賃貸住宅市場レポート 関西圏・中京圏版 2013年9月」を発表しました。

 首都圏版では「2013年第2四半期 1都3県賃貸住宅市況図」、「東京23区ハイクラス賃貸住宅の市場動向」および「2013年7月期の1都3県賃貸住宅指標(空室率TVI(タス空室インデックス)、募集期間、更新確率、中途解約確率)」を掲載しています。

 また関西圏・中京圏版では「大阪府における市場滞留期間と賃料値引き率」および「2013年7月期の関西圏・中京圏賃貸住宅指標(空室率TVI(タス空室インデックス)、募集期間、更新確率)」を掲載しています。
 これらの分析はアットホーム株式会社の賃貸住宅データを用いて行われています。

詳細PDF:「賃貸住宅市場レポート 首都圏版 2013年9月」
http://www.tas-japan.com/pdf/news/residential/Vol45_residential20130926.html

     「賃貸住宅市場レポート 関西圏・中京圏版 2013年9月」
http://www.tas-japan.com/pdf/news/residential/Vol17_resikansai20130926.html


1.首都圏版の概要
(1) 2013年第2四半期 1都3県賃貸住宅市況図
 東京23区では、江戸川区が「悪い」→「やや悪い」となりましたが、新宿区、渋谷区が「やや良い」→「やや悪い」となりました。それ以外の地域には変化はありませんでした。
 トレンドが上昇を示す地域が2013年第1四半期の5地域から2013年第2四半期は7地域と増加した一方で、下降を示す地域が2013年第1四半期の8地域から2013年第2四半期は6地域と減少しました。
 消費税増税、相続税増税前の駆け込み需要により新規賃貸住宅供給量が増加しています。人口流入が多い東京23区では、新規供給量増加を吸収できていますが、東京市部、神奈川県、埼玉県、千葉県では吸収しきれずに空室率が悪化傾向にあります。当面は景気の上昇に伴い、賃料は上昇傾向になることが期待されますが、供給過剰による空室率の悪化は、賃貸住宅の収益の低下要因となります。当面は市況の変化に注意が必要でしょう。

@Press

トピックスRSS

ランキング