生物多様性に向けた多様な主体による取り組みを表彰『生物多様性アクション大賞』 を決定

@Press / 2013年11月5日 18時0分

「生物多様性アクション大賞」 授賞式
生物多様性アクション大賞実行委員会(国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)、一般財団法人セブン-イレブン記念財団、一般社団法人CEPAジャパン)は、2013年11月3日(日)に『生物多様性アクション大賞』の授賞式を開催し、大賞1組、優秀賞5組を選出しました。

「生物多様性アクション大賞」は、全国各地の生物多様性の保全や持続可能な利用につながる活動の中から、「たべよう部門」、「ふれよう部門」、「つたえよう部門」、「まもろう部門」、「えらぼう部門」の5つのアクションに つながる団体・個人の取組みを表彰するものです。今年は計122組の応募があり、各部門の優秀賞および大賞を選定いたしました。

大賞に選ばれたのは、滋賀県草津市の「アイキッズ〜エコアイディアキッズびわ湖〜」による、「滋賀・琵琶湖の伝統食作り」です。この活動は、日本で一番広くて広い、琵琶湖の水で育った固有の魚を使って、子供たちに いのちのつながりを感じ、故郷への思いを感じてもらう伝統食づくりを行うことで、古魚食文化と生物多様性の保全を目指すものです。

審査委員長の吉田正人氏(筑波大学教授)は、総評として、次のように述べています。「今年初開催となった『生物多様性アクション大賞』には、民間団体や企業、大学・研究機関など、多様な主体による多くの皆様に参加頂きました。生物多様性の損失を止めるために2020年までの目標を定めた『愛知目標』とその達成を目指した国連生物多様性の10年は、日本の市民が政府を通じて国連へ提案したもので、その実現に向けては、あらゆる主体がアクションにつなげていくことが必須です。全国各地で行われている生物多様性の取り組みを紹介することで、より多くの市民に生物多様性の重要性を知っていただき、具体的なアクションを起こして頂けることを期待しています。」

今回の受賞活動は、生物多様性アクション大賞ホームページ( http://5actions.jp/award/ )にて掲載しております。

【生物多様性アクション大賞 受賞活動】
■大賞
「滋賀・琵琶湖の伝統食作り」/ アイキッズ〜エコアイディアキッズびわ湖~(滋賀県草津市)

■優秀賞
【たべよう部門:地元でとれたものを食べ、旬のものを味わいます。】
「滋賀・琵琶湖の伝統食作り」/ アイキッズ〜エコアイディアキッズびわ湖~(滋賀県草津市)
子どもたちが、滋賀の伝統食作りを通して、琵琶湖のめぐみに気づき、郷土に愛着や誇りを持つことをねらいにしています。また、人と人とのつながりを大切にして、新たな食文化の創造にも挑戦しています。

【ふれよう部門:生の自然を体験し、動物園・植物園などを訪ね、自然や生きものにふれます。】
「流域住民による生物多様性の保全と教育が一体となった取り組み」/ 雨ふる大地の水辺保全ネットワーク(大阪府)
活動のモットーは「環境保全と環境教育の一体化」です。小学校での環境教育教材の開発と実践を通して興味をもった子どもが実際の保全活動に参加し、活動を通して成長し、保全活動のリーダーに育っています。

@Press

トピックスRSS

ランキング