テレビ朝日とアシアルが 業界初!!ハイブリッドキャスト開発支援ツール「Monaca for Hybridcast」を共同開発 試作版を提供開始!!

@Press / 2013年12月25日 11時0分

ロゴ
 株式会社テレビ朝日(本社:東京都港区、代表取締役社長:早河 洋)とアシアル株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:田中 正裕)は、ハイブリッドキャスト開発支援ツール「Monaca for Hybridcast」を共同で開発し、2013年12月25日より試作版の提供を開始いたします。

 「Monaca for Hybridcast」は、次世代放送サービス、ハイブリッドキャスト向けのHTML5コンテンツを開発するための開発支援ツールです。開発者はPC上のブラウザからアクセスするだけで「Monaca for Hybridcast」を利用することができ、テレビの画面上でハイブリッドキャスト用のHTML5コンテンツを表示・動作させながら、PC上のブラウザでエラーメッセージや通信状況の確認が行えるデバッグ機能を備えており、業界初の試みとなっています。

「Monaca for Hybridcast」サービス概要イメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/41961/img_41961_2.jpg


 両社は、「よゐこの無人島0円生活 5時間SP」で実施した視聴者参加型セカンドスクリーンサービス「とったどー!無人島0円生活0円GAME」のハイブリッドキャスト版を共同で開発し、2013年10月に開催されたCEATEC JAPAN 2013にてデモ展示を行いました。
 また、ハイブリッドキャストの実証実験番組として、2014年2月の放送を予定している「クレヨンしんちゃん」のハイブリッドキャストコンテンツを「Monaca for Hybridcast」を活用して開発しています。

 これまでのハイブリッドキャスト向けのHTML5コンテンツ開発では、テレビ画面でエラーメッセージやネットワーク通信状況を確認するための手段が提供されていなかったり、画面操作もテレビリモコンを使った操作であったりと、テレビの画面上でのデバッグは非常に難しく、開発効率は決してよいものではありませんでした。「Monaca for Hybridcast」では、両社のハイブリッドキャスト放送向けHTML5コンテンツ開発経験を活かした、ハイブリッドキャスト向けのコンテンツ開発における開発効率を向上させる各種ツールが提供されます。

 アシアルは、スマートフォン向けのHTML5ハイブリッドアプリ開発プラットフォーム「Monaca」を提供しており、「Monaca for Hybridcast」には、この開発経験が活かされています。
 今後、両社は「Monaca for Hybridcast」やHTML5関連技術、サービスの提供を通じて、ハイブリッドキャスト放送向けのHTML5コンテンツをより簡単に効率的に開発できる環境の創造を促進します。

@Press

トピックスRSS

ランキング