クラブツーリズム調べ 「クルーズ旅に行きたい」6割半、旅ツーでは8割弱

@Press / 2014年5月14日 16時0分

クルーズ旅に関する意識
クラブツーリズム株式会社(http://www.club-t.com/)(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小山佳延)は、「クルーズ旅に関する調査2014」をインターネットリサーチにより、2014年4月23日~28日の6日間において実施し、30~69歳の男女1,000名の有効サンプルを集計いたしました。(調査協力機関:ネットエイジア株式会社)


◆「クルーズ旅に行きたい」6割半、旅ツーでは8割弱、リーダータイプでは7割半
◆「気軽に楽しめるクルーズ旅が増えたら魅力的」7割強、旅ツー女性では8割
◆最も“旅ツー”なのはセカンドライフを謳歌するシニア男性?
◆クルーズ旅に行きたくなったきっかけ 1位は「テレビ番組をみて」4割強

全回答者(1,000名)に対し、クルーズ旅(船旅)の経験や意向(※)を聞いたところ、「経験がある」は1割強(12.0%)、「行きたいと思う」は6割半(64.7%)になりました。
クルーズ旅意向者の割合をタイプ別にみていくと、旅行好き、または、旅行に詳しいと回答した“旅ツー(旅の通)”の方では8割弱(78.8%)、自身をリーダータイプだと回答した“リーダータイプ”の方では7割半(74.9%)となり、それぞれ非旅ツーの方(58.1%)や非リーダータイプの方(61.1%)よりも高い割合になりました。
※日本発着のクルーズ旅(船で日本を出発し、日本に戻る)や日本語が通じるスタッフが多数乗船するクルーズ旅の経験や意向を含む

次に、クルーズ旅についての意識を聞いたところ、【クルーズ旅には“夢”や“憧れ”がある】に対し、『そう思う』(「非常に」+「やや」、以下同様)と同意した割合が6割強(63.8%)となりました。豪華客船で世界一周旅行などのイメージが定着しているためか、クルーズ旅は“憧れの旅行”とのイメージを持たれているようです。
また、【国内周遊プランや日帰りプランなど、気軽に楽しめるクルーズ旅プランが増えれば魅力的】に対しては、『そう思う』が7割強(71.3%)となり、特に、旅ツーの方で高く、旅ツー男性では8割弱(77.4%)、旅ツー女性では8割(79.9%)となりました。憧れのイメージが持たれているクルーズ旅ですが、欧米のように長期の休暇(バカンス)を取得することが珍しい日本では、短期間のクルーズ旅など、もっと気軽に楽しめる旅行プランが求められているようです。

旅ツーの方はクルーズ旅の意向や気軽に楽しめるクルーズ旅への要望が高くなりましたが、どのような層が旅ツーに該当しているのでしょうか。
【自分は旅行好き、または旅行に詳しい“旅ツー(旅の通)”だ】に対し、『そう思う』と回答した割合(旅ツーの割合)をみると、無職男性は旅ツーの割合が4割強(42.4%)と高く、特に、60代の無職男性では5割半(55.5%)に達しました。セカンドライフ(定年退職後の第二の人生)を謳歌するシニア男性はクルーズ旅への関心度が高い旅ツーが多いようです。

@Press

トピックスRSS

ランキング