全国の主婦 4,176名を対象に「料理に関するアンケート調査」を実施

@Press / 2014年2月26日 12時30分

料理に関する悩み
献立作成サイトme:new(ミーニュー、 http://menew.jp )を運営する株式会社ミーニュー(所在地:岡山市北区、代表取締役:三宅 伸之)は、全国の20代~40代の主婦を対象に、「料理に関するアンケート調査」を実施いたしました。その主な結果をご案内いたします。


■料理に関する一番の悩みは「献立を考えるのが面倒」
有職主婦の料理に関する一番の悩み(複数回答可)は「献立を考えるのが面倒」。専業主婦の場合は、「毎日、何を作るか迷う」という結果でした。レパートリーが少ない中で、毎日何を作るかを考えることが、主婦にとって大きな負担になっていることが伺えます。
また、有職主婦と専業主婦で大きな差が出たのは、「調理をする時間が少ない」でした。

グラフ:料理に関する悩み
http://www.atpress.ne.jp/releases/43668/img_43668_1.jpg


■献立を決める際に最も気をつかうことは「野菜を多くすること」
献立を決める際に最も気をつかうこと(複数回答可)は「野菜を多くすること」、それに続くのが「簡単に作れること」「栄養バランス」「家族の好み」などでした。簡単に短時間で作れる料理が良いと思いながらも、家族のために健康や好みまでも考えられていることが伺えます。

グラフ:献立を決める際に気をつかうこと
http://www.atpress.ne.jp/releases/43668/img_43668_2.jpg


■夕食の献立について参考にするものは「インターネットの料理サイト」が一位
夕食の献立について参考にするもの(複数回答可)は「インターネットの料理サイト」が一位。次いで、「レシピ本」「テレビ番組」という結果でした。

グラフ:夕食の献立について参考にするもの
http://www.atpress.ne.jp/releases/43668/img_43668_3.jpg


■料理サイトを閲覧する端末は「スマートフォン」が一位
料理サイトを閲覧する端末(複数回答可)は「スマートフォン」が一位。次いで「パソコン」「タブレット端末」という結果でした。

グラフ:料理サイトを閲覧する端末
http://www.atpress.ne.jp/releases/43668/img_43668_4.jpg


■料理にかける時間(平日)は「有職主婦が30~45分」「専業主婦が45分~60」が最も割合が高い
料理にかける時間(平日)は「有職主婦が30~45分」「専業主婦が45~60分」が最も割合が高いという結果でした。わずかな差ですが、専業主婦の方が料理にかける時間が長いということが伺えます。

@Press

トピックスRSS

ランキング