JRシステム、物流コスト削減・業務を効率化するシミュレーションソフト「配送計画ドック」のカメガヤ社導入事例を公開

@Press / 2014年4月10日 9時30分

「配送計画ドック」ご利用イメージ
鉄道情報システム株式会社(代表取締役社長:藤井 和彰、本社:東京都渋谷区、以下 JRシステム)は、株式会社カメガヤ(代表取締役会長兼社長:鈴木 滋雄、本社:神奈川県横浜市、以下 カメガヤ社)に配送計画シミュレーションソフト『配送計画ドック(R)』を導入し、同社の月間使用車両台数および物流コスト削減に成功した導入事例を発表いたします。

配送計画ドック(R): http://www.jrs.co.jp/article.php/products_dock


■カメガヤ社、『配送計画ドック』の導入経緯
カメガヤ社は、条件の厳しい配達条件に配慮する必要がある配送計画作成業務の属人化と物流コスト削減という課題を抱えていました。そこでJRシステムの『配送計画ドック』に着目、『配送計画ドック』を使用した自社業務のシミュレーションを行うことでシステム化の効果を実感し、導入を決定しました。

『配送計画ドック』の導入により、これまでベテラン社員が1時間かけて作成していた配送計画作成を、若手スタッフが20分程度で作成できるようになり業務の効率化を図ることができました。さらに月間合計30台の車両台数を削減、物流コスト削減に成功しました。

今後もより多くのお客様にご利用いただき、多数の配送業務改善に貢献して参ります。


■『配送計画ドック』概要
トラック配送計画をシステムの自動作成により、以下を実現し配送コストダウンを支援します。

(1) 配送計画業務を省力化
(2) 属人化している配送計画業務を標準化
(3) シミュレーションを実施し車両台数を最適化

<『配送計画ドック』紹介ページ>
http://www.jrs.co.jp/article.php/products_dock
<事例紹介ページ>
http://www.jrs.co.jp/article.php/introduction_p_dock


【会社概要】
社名  : 鉄道情報システム株式会社
所在地 : 東京都渋谷区代々木2-2-2
設立  : 昭和61年12月9日
資本金 : 10億円
代表者 : 代表取締役社長 藤井 和彰
事業概要: みどりの窓口をはじめJRグループ関連情報システムおよび
      その他システムの開発・運営・管理、ITソリューション、
      情報システムに関するコンサルタント、
      その他機器の開発・製作・販売など
URL   : http://www.jrs.co.jp/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング