JR平塚駅直結の駅ビル『ラスカ平塚』食品フロアがグランドオープン!リニューアル第2弾として33ショップの地下食品街「グルメッカ・ステーション」が2014年6月12日(木)にオープンします!

@Press / 2014年4月25日 12時0分

パースイメージ1
湘南ステーションビル株式会社(本社:神奈川県平塚市/代表取締役社長:土屋 勝彦)は、JR平塚駅に直結する『ラスカ平塚』の食品フロアを全面リニューアルいたします。
この度、6月12日(木)に地下食品街「グルメッカ・ステーション」33ショップがオープンし、1Fのリニューアル第1弾(別添資料(2)参照)と合わせて、食品フロア全53ショップによるグランドオープンを迎えます。

今回の地下食品街「グルメッカ・ステーション」のリニューアルにおいては、生鮮三品とグロッサリーを中心とする共通レジゾーンの拡大、色とりどりのおかずとお弁当が並ぶ平塚エリアNo.1の惣菜・弁当売場と寛ぎの休憩スペースの設置等を特徴とする、いつ来てもワクワク楽しい食の市場(マルシェ)を作り出します。また、15の既存ショップが全てリフレッシュするとともに18の旬の人気ショップが新たに加わり、多様化する湘南エリアのお客さまのニーズに一層お応えして参ります。


~ラスカ平塚食品フロアグランドオープン概要~
<リニューアル・グランドオープン日時>
第1弾 1F和・洋菓子ゾーン「スイートピア」
    2014年4月26日(土) AM 10:00オープン
第2弾 B1F地下食品街「グルメッカ・ステーション」
    2014年6月12日(木) AM 10:00オープン
    ※第1弾のリニューアル内容については、
     3月26日配信のニュースリリース(別添資料(2))をご覧ください。

<リニューアルコンセプト 「LUSCA MARCHE KITCHEN」>
常に旬の食材が豊富にあふれる「マルシェ感」、毎日新しい発見のある楽しい「コバレ感」、駅立地ならではの「利便性」の3つの要素を軸としたリニューアルコンセプト「LUSCA MARCHE KITCHEN」。
具体的には、以下の3つのポイントを中心に新しい地下食品街「グルメッカ・ステーション」を構築します。

(1) 生鮮三品、塩干、グロッサリー及び共通レジゾーンのパワーアップ
精肉、青果、鮮魚の生鮮三品と塩干をリニューアル前とは反対のフロア西側に配置するとともに、新たにグロッサリーが共通レジ対象ショップに加わります。また共通レジゾーンをフロア中央に拡大配置し、レジ台数を増やすことでお客さまに快適なお買物を日々楽しんでいただき、「マルシェ(市場)」のコンセプトに相応しい食品フロアの賑わいの核を創出します。

@Press

トピックスRSS

ランキング