~ヨーグルトに関する5,800人アンケート~年齢が上がるにつれ毎日ヨーグルトを食べる人が増える傾向に

@Press / 2014年5月7日 10時0分

図表1.ヨーグルトを食べる頻度(n=女性3,599、男性2,208)
フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木名瀬博)は、株式会社クレディセゾンとの共同事業である「レシートで貯める」のアンケートモニター5,807名(女性3,599名・男性2,208名、10代~80代)を対象に「ヨーグルト」に関するアンケートを2014年4月3日に実施しましたので、その結果を報告します。

◆男女とも4人に1人が毎日ヨーグルトを食べる

http://www.atpress.ne.jp/releases/46070/img_46070_1.jpg
図表1.ヨーグルトを食べる頻度(n=女性3,599、男性2,208)

アンケートの回答者にヨーグルトを食べる頻度を聞いたところ、毎日と回答した方が女性では27.0%、男性では23.8%と男女とも約4人に1人が毎日食べると回答しました。

一方でほとんど食べないと回答した方が女性は4.8%だったのに対し、男性は11.3%で男性の方がヨーグルトを食べない方の割合が多いことがわかりました。

◆男女とも年齢が上がるに連れてヨーグルトを毎日食べる人が増加

http://www.atpress.ne.jp/releases/46070/img_46070_2.jpg
図表2.ヨーグルトを食べる頻度(女性)(n=3,599)

http://www.atpress.ne.jp/releases/46070/img_46070_3.jpg
図表3ヨーグルトを食べる頻度(男性)(n=2,208)

ヨーグルトを食べる頻度について、男女の年齢別に分析したところ、男女ともに年齢が上がるに連れて毎日食べると回答した方の割合が大きくなりました。

特に50代と60代の間で世代間の差が大きく表れており、女性の毎日食べる人は60代以上で45.0%に対し、50代で31.8%と13.2ポイント差、男性では60代以上が40.2%に対し、50代では25.1%で、15.1ポイント差でした。

これにはヨーグルトを食べることが健康によいというイメージが影響を与えているようで、ヨーグルトを食べる時の効果感について60代以上の方の具体的なコメントを見ると、以下のように健康を考えてヨーグルトを食べているといった意見が多数寄せられました。

「腸が弱いのでヨーグルトが良いと聞き食べ始めました。こだわりは有りませんが、飽きないように色々変えたり試しています。」(毎日食べる・69歳男性・既婚)
「花粉症対策でヨーグルトを毎日食べている。メーカーの説明を信じている。気持ち症状が軽いように思う。」(毎日食べる、65歳男性・既婚)
「ヨーグルトを常食していると腸と肌の具合が良い」(週3~4回食べる、61歳女性・既婚)
「便秘予防のために食べている。朝の時間がないときはバナナと一緒に食べると食事代わりに見なるし、栄養もとれるので時々そのように食べている。」(毎日食べる、67歳女性・既婚)

@Press

トピックスRSS

ランキング