アシスト、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスで「LibreOffice」の研修用テキストを公開

@Press / 2014年5月7日 12時0分

 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 辰男、略記:アシスト)は、オープンソースのオフィス・ソフトウェアである「LibreOffice」の研修サービス提供のために作成したテキストをクリエイティブ・コモンズ・ライセンスにより公開しました。

 アシストはオープンソースのオフィス・ソフトウェアである「OpenOffice.org」を2007年2月に社内標準ソフトウェアとして運用を開始、この経験を活かして導入支援、ヘルプ・デスク、集合研修などの各種支援サービスを顧客企業に提供してきました。また、2012年6月にはOpenOffice.orgの派生ソフトウェアである「LibreOffice」を全社で採用し、OpenOffice.orgだけでなくLibreOfficeについても同様のサービスを提供してきました。

 アシストはこれまで「LibreOffice」の社内利用および社外へのサービス提供において、コミュニティが発信する情報から多くの恩恵を受けてきました。そのため、アシストのノウハウや経験を広く公開することが「LibreOffice」の利用促進に繋がり、さらにはコミュニティへの還元や貢献になると考え、このたび「LibreOffice」の各研修コースにて実際に利用してきたテキストを、改変および商用での利用が可能なクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CC BY:著作権者の表示のみ要求)の下で公開することにしました。

 今回のクリエイティブ・コモンズ・ライセンスでの公開により、誰もがテキストをカスタマイズしたり、同テキストを利用した研修コースを社内や社外で自由に実施することができます。アシストでは、「LibreOffice」を利用する企業や団体が増え、「LibreOffice」を取り巻くエコシステムの発展に少しでも寄与したいと考えています。

※LibreOfficeは無償で自由に利用できるオープンソースのオフィス・ソフトウェアです。Microsoft Officeとの互換性も高く、大手企業/自治体による採用実績が増加していること、ファイル形式に国際標準規格(ISO26300)および日本工業規格(JIS X4401)に登録されているODF(OpenDocument Format)を採用していることなどから注目を集めています。

----------------------------------------------------------------------
■公開する「LibreOffice研修テキスト」の内容および公開先
----------------------------------------------------------------------
◎研修テキスト名

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング