ユビキタス、サイバートラスト 2社共同で「ドライバーズ認証ソリューション」のコンセプトデモを発表

@Press / 2014年5月13日 15時30分

「ドライバーズ認証ソリューション」のコンセプトデモイメージ
株式会社ユビキタス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐野 勝大、以下 ユビキタス社)は、サイバートラスト株式会社(本社:東京都港区:代表取締役社長:眞柄 泰利、以下 サイバートラスト社)の端末認証サービスを利用し、スマートフォンと自動車に搭載された車載機をデバイス証明書と生体認証技術によってドライバー個人を認証可能にする「ドライバーズ認証ソリューション」のプロトタイプを開発しました。
両社は、この「ドライバーズ認証ソリューション」を次世代の車載向け認証プラットフォームとして発表します。

また、ユビキタス社は、2014年5月14日(水)~16日(金)に東京ビッグサイトにて開催される「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC)」ユビキタス社ブース(西1-72)において、自社技術である秘匿データをセキュアに管理する「Ubiquitous Securus※1」と、Internet of Thingsを実現するプラットフォーム「dalchymia」に以下の各社の技術や製品を組み合わせた、「ドライバーズ認証ソリューション」のプロトタイプによるコンセプトデモを展示します。


・「サイバートラスト デバイスID」:端末認証サービス[サイバートラスト社]
・「ACBio」:生体認証技術(国際標準規格準拠)[東芝ソリューション株式会社]
・「R-Car M2」:車載情報端末向けSoC(システムオンチップ)[ルネサス エレクトロニクス株式会社(以下 ルネサス)]


「ドライバーズ認証ソリューション」のコンセプトデモイメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/46234/img_46234_1.jpg


現在、自動車を運転しているドライバーの特定は、本人申告や対面確認以外に証明する手段がなく、実際は車検証や自動車保険の証書を用いて車両の所有者ベースで特定する方法が主流です。しかし、今後10年以内には自動車がネットワークに接続され、様々なサービスや高度運転者アシスト機能(ADAS)などを利用したスマートカー化が進むと予測されており、その際には、ドライバー個人に紐づくセキュリティや認証技術の確立が不可欠です。
この度、コンセプトデモとして開発された「ドライバーズ認証ソリューション」は、昨今、急速に普及が進んでいるスマートフォン上で、多くの実績を持つサイバートラスト社の端末認証サービス「サイバートラスト デバイスID」と東芝ソリューション株式会社の高度な生体認証技術「ACBio」を利用することで、安全・確実にドライバー本人の認証(本人、時間、場所)を可能にしました。
さらに、ルネサス製の車載情報端末向けの高機能SoC「R-Car M2」に車体固有のデバイス証明書を組込み、これらを結び付けることにより運転中のドライバーと自動車の状態を紐付けて証明することが可能になり、ドライバーのなりすまし防止やパスワードを使わない確実な認証を実現しました。

@Press

トピックスRSS

ランキング