【オールアバウト、国際投信投資顧問 共同】医師200名に聞く「医薬品に関する意識調査」を発表

@Press / 2014年7月30日 14時0分

グラフ1
総合情報サイト「All About」を運営する株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:江幡 哲也)と、投資信託の運用に関する業務を行う国際投信投資顧問株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中 裕之)は、全国の医師200名を対象に、“医薬品”に関する意識調査を共同で実施いたしました。


【調査結果のポイント】
■治療法が確立していない疾患の対応策として期待するのは
 「遺伝子治療(※1)」や「バイオ医薬品(※2)」などの未来型医療

■医師の約8割が、副作用が少なく安全性の高い“バイオ医薬品”に期待し、
 約7割がその導入を検討している

■10年後、薬で治ると考える疾患1位は「アルツハイマー病」

■実現すると嬉しい“夢のクスリ”は「視力回復」や「若返り」のクスリ

※1…異常な遺伝子を持っているため機能不全に陥っている細胞の欠陥を修復・修正することで病気を治療する手法。
※2…遺伝子工学などのバイオテクノロジーを活用した医薬品。糖尿病の治療薬として一般的なインスリンもそのひとつ。


■調査概要
・調査期間 :2014年6月13日(金)~6月14日(土)
・調査地域 :全国
・調査対象 :医師(開業医、勤務医)
・有効回答数:200件
・調査方法 :インターネットリサーチ
・年代   :30代以下25名(12.5%)、40代68名(34.0%)、
       50代85名(42.5%)、60代以上22名(11.0%)
・性別   :男性176名(88.0%)、女性24名(12.0%)


■All Aboutでの関連記事:
http://allabout.co.jp/1/237953/1/product/237953.htm


【治療法が確立されていない分野(アンメット・メディカル・ニーズ)の
 対応策として期待するのは、「遺伝子治療」や
 「バイオ医薬品」などの未来型医療】
オールアバウトと国際投信投資顧問が共同で全国の医師(開業医、勤務医)200名に対し、医薬品に関する意識調査を実施しました。“アンメット・メディカル・ニーズ”と言われる、有効な治療法が未だ確立されておらず、医療上の必要性が高いと考えられる疾患への対応策として期待するものを尋ねたところ、「遺伝子治療」(66.5%)、「バイオ医薬品(抗体医薬品等)」(62.5%)という未来型医療が、「低分子医薬品(従来薬)」(31.0%)、「東洋医学(漢方薬等)」(29.0%)などの従来型医療を大きく上回る結果となり、医師から大きな期待が寄せられていることがわかりました。【グラフ1】

@Press

トピックスRSS

ランキング