国内初のElasticsearch as a Service「Siba(シーバ)」の提供開始 無料からスタート可能な検索ASP

@Press / 2014年8月19日 9時30分

Sibaはじめます
ナレッジワークス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:所司 里佳)は、国内初となるElasticsearch as a Service「Siba(シーバ)」をリリースしました。この「Siba(シーバ)」は、無料からスタート可能な検索ASPです。

Siba(シーバ)URL: http://www.siba.tokyo/


【提供の背景】
スマートフォンの普及や情報インフラの発展に伴い、情報提供者側にとっても情報を確実に利用者に届けることがビジネスの成功に重要な要素となっていますが、情報量の増加に加えページの読み込み時間が1秒遅いと、コンバージョン率が半分以下に減少するなどの速度の課題や、ユーザー毎に異なる情報ニーズの多様化に対応しなければならないという課題が存在しております。
そのため、当社では、10年にわたる検索ソリューション開発で蓄積されたノウハウをもとに速度の課題や情報ニーズの多様化に対応可能な強力なサーチテクノロジーを、Webサイトやアプリ開発者が短期間で組み込み可能となるSearch BaaS「Siba(シーバ)」のサービスを開始いたしました。


【Siba(シーバ)の概要】
~「Elasticsearch × Kibana × Cloud=Siba(シーバ)~
「Siba(シーバ)」は、今話題の次世代検索エンジンElasticsearchのテクノロジーを使用した、開発者向けのサーチ・バックエンドサービス(Search BaaS)です。JSON RESTful APIを使ってドキュメント登録から検索まで行えるため、開発者はJava、Ruby、Python、Javascriptなど使い慣れたプログラミング言語を使用して、Webサイトやアプリに短期間で検索機能を設置できます。また、データの可視化ツールとして人気が高いKibanaを搭載しているため、データ分析にも活用できます。
自社で検索エンジンを構築・運用するのに比べ、開発者はアカウントを登録してすぐにアプリケーションの開発に注力できるため、短期間で自社のWebサイトやアプリケーションに独自の検索機能を組み込むことができます。

<主な特長>
・無料スタート、すぐに利用可能
1インデックス、1,000ドキュメント、100MBまで無料でアカウント登録後すぐに利用開始できます。

・RESTful API
JSON Over HTTP で提供されるRESTful なデベロッパーAPIを使用して、インデックス管理からデータ登録、検索に至るまで操作が可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング