世界遺産に雷センサ設置

@Press / 2014年8月27日 18時0分

雷ミハリ番と平城京歴史館スタッフの皆様
株式会社具現化(所在地:大阪府大阪市、代表取締役:仲島 秀豊)は、平城宮跡にぎわいづくり実行委員会から受注し、ユネスコ世界遺産に登録されている「古都奈良の文化財」の構成資産のひとつである平城宮跡での落雷事故回避を目的として、平城京歴史館に高性能雷センサ「雷ミハリ番」を設置しました。

雷ミハリ番URL: http://kaminari-mihariban.com/


平城宮跡にぎわいづくり実行委員会は、半径10キロ圏内の雷雲を検知する「雷ミハリ番」を設置し、落雷の危険性が高まったときに安全管理担当者に対する注意・警戒メールの配信と、現地でのパトライトによる注意喚起を行い、平城宮跡でのイベントを実施する際の危機管理と避難等の判断材料として試験運用をする予定です。


1.現地での試験運用について
平城宮跡にぎわいづくり実行委員会は、「平城京天平祭☆夏2014」(実施:8月29日(金)~8日31日(日)、開催場所:奈良市 平城宮跡)を始めとしたイベントでの落雷事故回避を目的として、雷センサの試験運用を行います。
既存の危機回避フローに加えて、安全性・確実性を高めることを目指し、判断基準の一つとして活用する予定です。


2.雷ミハリ番について
半径10キロ圏内の雷雲を察知し、落雷危険性に応じて注意・警戒信号を発し、合わせてメール配信を行うことが可能です。


<導入した自治体や団体(抜粋)>
2014年6月 大阪府熊取町へ導入
2014年7月 大阪府箕面市への試験導入
2014年8月 竹田城跡(兵庫県)への試験導入

料金プランURL: http://kaminari-mihariban.com/plan.html#


当社は高性能な雷検出機器の日常的利用を実現した防災事業として、「命を守る」活動に取り組んで参ります。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

雷ミハリ番と平城宮跡

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング