リガオス調べ 「頭からイヤなニオイ」は4割半の女性が「百年の恋も冷めるレベル」

@Press / 2014年11月5日 20時0分

初デートのマイナス評価
男系ブランド「リガオス」を販売する株式会社ジャパン ゲートウェイ(代表:堀井昭一)は、2014年8月21日~26日の6日間、20~59歳のビジネスパーソン(アルバイト・パートを除く就業者)を対象に「ビジネスパーソンの価値観・こだわりに関する調査」をインターネットリサーチにより実施し、1,000名の有効サンプルの集計結果を公開しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)


【ビジネスパーソンの自己投資】
≫ ビジネスパーソンの自己投資額 1ヵ月平均約15,000円、スキルアップに約3,700円、身だしなみに約11,300円
≫ ビジネスマンの美容への投資額 1ヵ月平均約3,000円、ビジネスウーマンは約6,800円
≫ スキルアップや身だしなみのための費用は「自分のおこづかいから」捻出する方が大半

20~59歳のビジネスパーソン1,000名(全回答者)に対し、仕事のために自己投資(スキルアップや身だしなみ)している金額を聞いたところ、1ヵ月あたりの平均額は14,925円となりました。その内訳は、仕事に役立つ書籍の購入、資格取得、セミナー参加などの【スキルアップ】に平均3,677円、仕事で使うスーツやシャツ、バッグ、腕時計などの【服装・ビジネス小物】に平均6,389円、美容室(散髪)、スカルプケア、洗顔、化粧水、ムダ毛処理、スキンケアなどの【美容】に平均4,859円となっています。
男女別に比較すると、【スキルアップ】では男女で支出している金額にほとんど差がない(男性平均3,725円、女性平均3,629円)状況ですが、【服装・ビジネス小物】では女性平均7,496円に対し男性平均5,282円とおよそ2,000円の差、【美容】では女性平均6,778円に対し男性平均2,941円とおよそ4,000円の差がみられました。

また、これらの自己投資をしている方(支出額で1円以上の回答をした方)に対し、自己投資の資金は主にどこから捻出しているかを聞いたところ、【スキルアップ】については「自分のお財布から(自由に使えるおこづかいから)」80.0%、「家計のお財布から(必要経費として)」13.0%、「会社のお財布から(会社から出る補助金などを活用)」7.0%となりました。自分が自由に使える資金から捻出している方が大半を占め、これは、【服装・ビジネス小物】や【美容】においても同様の傾向となっています。
また、既婚男性の回答に注目すると、身だしなみ関連の資金について「家計のお財布から」支出する割合が未婚男性や既婚女性より高くなっており、【服装・ビジネス小物】では29.7%、【美容】では25.1%となっています。身だしなみ関連の資金をおこづかいとは別枠で捻出していると回答した男性の中には、“奥さまに服や美容品の購入を一任している”ような、オシャレへのこだわりを忘れた男性も含まれているのではないでしょうか。

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング