注文住宅の設計・施工を手がける「パルスタイル」が日比谷花壇の協力を得て「花のある癒しの住まい」を提案 ~ 時が経っても愛され続ける住まいづくり ~

@Press / 2014年10月23日 11時0分

コラボイメージ1
兵庫県を中心に注文住宅の設計・施工を手がける「パルスタイル」(運営会社:パル建設株式会社、所在地:兵庫県明石市、代表取締役:渡辺 喜夫)は、フラワーギフトやフラワーディスプレイで有名な株式会社日比谷花壇(所在地:東京都港区、代表取締役社長:宮島 浩彰、以下 日比谷花壇)の協力を得て、供給する注文住宅の全てに、「花のある癒しの住まい」を提案いたします。

URL: http://palstyle.com


■「花のある癒しの住まい」の提案を開始した背景
「パルスタイル」は自然素材にこだわった注文住宅のブランド「ナチュラルライン」を基軸に“時が経っても愛され続ける住まいづくり”を目指しています。無垢材の温もりや肌触り、漆喰(しっくい)の消臭・調湿効果は、人に癒しを与え、居住環境を快適にする効果があります。そうした自然素材の提案が愛着につながると考える当社は、「花」にも同様の効果があることに注目しました。
「花」にはその色・形・香りが脳を刺激し、人に癒しや活力を与えるだけでなく、空気を浄化し、温度・湿度を緩和することで居住環境を快適にする効果があります。花による癒しの空間の提案は、フラワービジネスを通じて人々の暮らしに感動を与え続ける日比谷花壇の協力を得ることで、「花のある癒しの住まい」プロジェクトとして2014年11月1日よりスタートします。


■「花のある癒しの住まい」について
本プロジェクトは、注文住宅の提案時に、ご要望に対するプランや空間提案に加えて、その空間のイメージやお客様の嗜好に合わせた花を選定し、飾りつける場所も含めてプレゼンテーションするというものです。住まいづくりにおいて常に癒しの空間を追求しているパルスタイルと、住まいにも花を普及させたい日比谷花壇のそれぞれの想いが一つになり実現しました。

なお、プロジェクト開始にあたり、「パルスタイル」は日比谷花壇からモデルハウスの花による飾りつけや、花のコーディネートに関する専門知識のレクチャーを受けます。また、提案した住まいにおいて、お客様から花のコーディネートの依頼を頂いた場合には、日比谷花壇が請け負い、ご希望に合わせて具体的な提案を行った上で、室内を花でコーディネートします。

さらに「花のある癒しの住まい」の提案は、注文住宅の引き渡し時に、「パルスタイル」がフラワーバスケットを住まいにお届けすることで具現化させることとしました。


今回のプロジェクトにより、住まいというハードだけでなく、その中で育む暮らしも豊かで華やかな、愛着の持てる住まいづくりを実現します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング