エコモットとアットマークテクノ~道内企業が連携 ワンストップでIoTを実現するサービス開始

@Press / 2014年11月11日 17時30分

サービスイメージ
エコモット株式会社(本社:札幌市、代表取締役:入澤 拓也、以下「エコモット」)と株式会社アットマークテクノ(本社:札幌市、代表取締役:実吉 智裕、以下「アットマークテクノ」)は、IoT用途向けサービスについて協業します。

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)とは、従来は個々に使用されていたセンサや機器をインターネットにつなぐ技術です。温度計や湿度計などの計測器、スイッチやタグなどさまざまな“モノ”をインターネットに接続することで、遠隔操作や状態監視が可能となり、さらに“モノ”から得た情報を分析することを通じて新しいサービスが実現すると期待されています。ただし、実際にIoTサービスを実現するには、各種機器・センサのインターフェースとどのように接続するかといった組み込みシステムの知識から、クラウド連携やアプリケーション開発などWebシステム構築やユーザーインターフェース設計まで、幅広い知識・経験が求められます。そのため、いざ事業化する際には技術的な障壁となるケースが多いのが実情です。

エコモットとアットマークテクノは、クラウドプラットフォームサービス「FASTIO(ファスティオ)」(エコモット提供)とIoTゲートウェイ「Armadillo-IoT(アルマジロ・アイオーティ)」(アットマークテクノ製)とを組み合わせ、機器・設備の接続からインターネット接続、クラウド連携、アプリケーション開発までを一括して提供することで、技術的な障壁を取り除き、事業化の促進をバックアップするサービスを提供します。


■2社の連携によるサービスの特長
<特長1>お客様の要望にワンストップで対応
FASTIOは、“機器・設備につなげるだけでIoTをスタートできる”のが大きな特徴です。センサ・機器への接続、クラウドプラットフォーム上のアプリケーションのユーザーインターフェースのカスタマイズ開発などにも個別対応可能で、センサからクラウド連携まで、お客様の要望に合わせてワンストップで提供します。

<特長2>3G対応・拡張自由度が高くさまざまな機器を接続できるIoTゲートウェイを採用
センサ・機器とインターネットとの接続をスムーズに仲介するには、3Gモバイル通信でネットワーク接続ができ、かつ各種の機器のインターフェースに柔軟に対応できるゲートウェイの存在が不可欠です。3G対応のIoTゲートウェイArmadillo-IoTは、専用のアドオンモジュールを差し替えて各種の機能を簡単に追加できる拡張性の高さが特長です。シリアル(RS232C/422/485)や接点入出力の他、昨今注目されているWi-SUNやEnOcean、BLE(Bluetooth Low Energy)などの無線規格に対応したアドオンモジュールも用意され、多様な機器を接続することが可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング