ソリトン、ID&アクセス管理ソフト「Soliton ID Manager」をリリース マルチデバイス環境のアクセス管理強化と運用コスト低減を実現

@Press / 2014年11月18日 16時0分

アクセス権の見える化
株式会社ソリトンシステムズ(本社:東京都新宿区、代表:鎌田 信夫、以下 ソリトン)は、IAM(Identity and Access Management:ID&アクセス管理)システムを構築するソフト「Soliton ID Manager」の新バージョンV2.2を11月18日より販売開始します。


個人情報や機密情報は、様々な人、デバイスからアクセスされ、情報漏洩の危険にさらされています。ソリトンの「Soliton ID Manager」は、適切なアクセス管理に必要な、人、権限、デバイスなどの情報を一元管理し、「運用の自動化」や「アクセス権限の見える化」によって、許可された人、権限、デバイスによるアクセス管理を低コストで実現します。アクセス権限の設定・管理をシステム部門から現場委譲する事も可能で、特にファイルサーバーのアクセス権管理において最適なソリューションを提供します。
更に、当社開発の認証アプライアンス「NetAttest EPS」との連携も強化し、人事システムと連携したアカウントや権限管理に加え、ワークフローを使ったデジタル証明書の自動発行連携まで可能となりました。


■V2.2の主な機能
1) アクセス権限管理の現場委譲
情報資産の管理者に対して、情報資産単位で「誰に、どのような権限で、どの期間、どのような理由で付与されたのか」を見える化し、気になるアクセス権限があれば、本人や上司に確認して、随時変更できるようになりました。特にファイルサーバーのフォルダーアクセス権の設定・管理運用を、システム部門から現場の各部署の管理者に委譲する事で、アクセス権設定の正確性や対応スピードの向上、運用コストの低減を実現します。

<アクセス権の見える化>
http://www.atpress.ne.jp/releases/53779/img_53779_1.png

2) 既存アプリケーションをそのままにシングルサインオンを実現(Smart eGate連携)
次世代型透過型シングルサインオン製品「Smart eGate」を一緒に導入する事で、既存のアプリケーションを変更する事なく、多要素認証を使ったシングルサインオンを簡単に実現し、マルチデバイス環境での認証強化と利用者への利便性向上を実現します。

<ID ManagerとeGateとの連携>
http://www.atpress.ne.jp/releases/53779/img_53779_2.png

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング