平成26年度 新生!ふくしまの恵み発信事業 第2回メディアセミナー「福島牛」その安全・安心と品質向上に向けた取り組み― 繁殖・肥育農家の生産現場から ―平成26年11月17日、都内にて開催される

@Press / 2014年12月10日 11時0分

満席となり関心の高さをうかがわせるセミナー会場
福島県では、「平成26年度 新生!ふくしまの恵み発信事業」の一環として、第2回メディアセミナー「『福島牛』その安全・安心と品質向上に向けた取り組み ― 繁殖・肥育農家の生産現場から ―」を、去る平成26年11月17日(月)に浅草ビューホテル(東京都台東区)で開催しました。新聞・雑誌記者、フリージャーナリスト、テレビ局の報道担当者など45名のメディア関係者を集め、ブランド復活を目指す「福島牛」について、風評の影響や安全・安心への取組み、生産者のこだわりなどについて紹介いたしました。

・満席となり関心の高さをうかがわせるセミナー会場
http://www.atpress.ne.jp/releases/54743/img_54743_1.jpg

福島県では、原子力災害に伴う県産農林水産物の風評払拭を図るため「新生!ふくしまの恵み発信事業」を立ち上げ、『おいしいふくしま、できました。』をキャッチフレーズに、安全・安心への取組みとともに、ふくしまの豊かな自然と生産者のひたむきな思いが育む農林水産物の魅力やおいしさを、全国の消費者に向けて広く発信しています。本セミナーも、その趣旨に基づき行われたものです。
セミナー冒頭、主催者を代表して、福島県農林水産部農産物流通課 課長 金子 達也が、「『福島牛』は、震災前から県が誇るブランドですが、特に枝肉の取り引きにおいては、今なお低い評価に苦しんでいる。ぜひ、関係者や生産者の真摯な取り組みをご理解いただきたい」と挨拶してセミナーがスタートしました。

・県農産物流通課 金子課長
http://www.atpress.ne.jp/releases/54743/img_54743_2.jpg


■全頭検査で安全性を確認して流通
最初のプログラムでは「福島県産肉用牛の概況と原発事故の影響」と題して、県畜産課 主任主査の矢内 清恭から、「福島牛」を出荷する全ての生産者の飼養状況を確認していること、県内外のと場と協力体制を構築し、放射性物質の全頭検査が行われ、「安全性が確認され流通していること」が強調されました。また、こうした取り組みにもかかわらず、「風評の影響が根強く残っている」ことも市場の取り引きデータとともに報告されました。

・県畜産課 矢内主任主査
http://www.atpress.ne.jp/releases/54743/img_54743_3.jpg


■東京都中央卸売市場における全頭検査の様子をビデオで紹介
矢内主任主査から全頭検査についての説明があった後、東京都中央卸売市場食肉市場・芝浦と場で行われている実際の検査の様子がビデオで紹介されました。なお、同市場に出荷された福島県産の全ての肉用牛について、これまで基準値(100Bq/kg)を超える牛肉は、一切出荷されていないこともビデオの中で報告されました。

@Press

トピックスRSS

ランキング