全世界で高品位なWeb会議サービスを 「ミーティングプラザ」世界8拠点にサーバ設置、および拠点間ネットワークを大幅増強

@Press / 2014年12月10日 15時0分

図1 海外拠点サーバを利用したWeb会議のイメージ
NTTアイティ株式会社(本社:横浜市中区、代表取締役社長:長谷 雅彦)は、12月20日(土)よりWeb会議サービス「ミーティングプラザ」の海外拠点サーバおよび拠点間ネットワークを大幅に増強し、クラウド型サービスのグローバル機能を拡充します。

製品ホームページ http://www.meetingplaza.com/


今回の機能拡充により、新たに、アメリカ西海岸、アメリカ東海岸、オランダ、シンガポール、オーストラリア、香港、中国(※1)、東京の各地に拠点サーバを設置します。主開催地または参加者の多い地域に近いサーバを会議開催サーバとすることにより、ネットワークの遅延や帯域変動の影響が減り、映像・音声・資料共有の品質が大幅に向上します。また、拠点サーバ間は専用ネットワークで結ばれているため、遠隔地から参加する場合も、最寄りのサーバ経由で会議に参加することで、より安定した高品位なWeb会議が行えます。
今回拡充した機能は、クラウド型サービスの標準機能として提供します。すでにクラウド型サービスをご契約のお客様は追加費用なしで、これからご契約いただくお客様も標準の基本料金内で、高品位でグローバルな「ミーティングプラザ」をご利用いただけます。


■サービス開始の経緯
NTTアイティの「MeetingPlaza(ミーティングプラザ)」は、4,000社を超える導入実績を持つWeb会議です。従来から日本国内および海外に向け、PCやタブレット利用のWeb会議サービスの提供を行ってまいりました。
このたび、主に海外でWeb会議を利用されているお客様や、日本と世界各地を結んだWeb会議を利用されているお客様から「海外でもさらに高品位で安定したWeb会議を行いたい」「海外からWeb会議に参加する場合でも、より安定して利用したい」とのご要望にお応えし、ミーティングプラザの海外拠点サーバおよび各拠点間のネットワークを大幅に増強しました。
今回のサービス機能拡充により、海外各地で安定した映像・音声・資料共有の高品位なWeb会議を開催することが可能となり、かつ、開催地から離れた海外拠点からも、最寄りのサーバ経由でより安定した高品位なWeb会議に参加することができます。
海外拠点でWeb会議を開催する機会が多いお客様だけでなく、日本国内および複数の海外拠点を繋いでWeb会議を開催することが多いお客様にもご満足いただけるサービスです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング