日本を代表する、国民的人情喜劇シリーズ 映画『男はつらいよ』シリーズ全49作 U-NEXTで順次配信スタート!

@Press / 2014年12月15日 11時0分

画像1
株式会社U-NEXT(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:宇野康秀)が運営する映像配信サービスU-NEXT(以下、「U-NEXT」:http://unext.jp)では、平成26年12月17日より、映画『男はつらいよ』のシリーズ全49作(特別編1作を含む)を順次配信(※1)開始いたします。


映画『男はつらいよ』シリーズは、山田洋次原作・脚本・監督(一部作品除く)・渥美清主演で昭和44年に第1作が公開され、以後平成9年までの28年間に全49作品が公開された国民的人気シリーズです。
「男はつらいよ」は、昭和43年に全26話のテレビシリーズとして誕生。連続テレビドラマとして人気を得ましたが、最終回で主人公の"フーテンの寅"こと車寅次郎がハブに噛まれ、毒が回って死んでしまうというエピソードに視聴者からの抗議が殺到したため、脚本を手掛けた山田洋次監督が映画化を思いつき、昭和44年8月27日に第1作を公開したことから、シリーズの歴史が始まりました。
昭和58年、“一人の俳優が演じたもっとも長い映画シリーズ”としてギネスブックに認定。主人公の名前から、作品自体が「寅さん」の愛称で呼ばれることも多く、日本中から愛される作品として、渥美清さんが亡くなるまで作り続けられました。
主人公の車寅次郎が、約20年ぶりに故郷の葛飾柴又に戻ってきたところから物語は始まり、寅次郎が訪れる日本各地を舞台に、そこで出会った"マドンナ"と恋愛模様を繰り広げながら、なにかと騒動を起こしていく様子が描かれております。
毎回登場する豪華なマドンナ・ゲスト陣や、日本各地の美しい風景も見どころのひとつです。
誰もが笑い元気になれる日本人の心の原風景を描きつづけ、現在まで幅広い世代から愛され続けている『男はつらいよ』の映画シリーズ全48作と、特別編1作の全49作を、U-NEXTではPPV(ペイ・パー・ビュー)(※2)で配信いたします。


▼男はつらいよ【映画シリーズ全49作(特別編1作を含む)】
【期間】 
・映画シリーズ第1作~25作…平成26年12月17日〜平成27年12月16日
・映画シリーズ第26作~48作+特別編…平成26年12月24日〜平成27年12月23日

【価格】
各300円(税抜)/2日間(HD・SD共に)



■「男はつらいよ」作品一覧
<平成26年12月17日配信開始>
第1作:男はつらいよ
第2作:続・男はつらいよ
第3作:男はつらいよ フーテンの寅
第4作:新・男はつらいよ
第5作:男はつらいよ 望郷篇
第6作:男はつらいよ 純情篇
第7作:男はつらいよ 奮闘篇
第8作:男はつらいよ 寅次郎恋歌
第9作:男はつらいよ 柴又慕情
第10作:男はつらいよ 寅次郎夢枕
第11作:男はつらいよ 寅次郎忘れな草
第12作:男はつらいよ 私の寅さん
第13作:男はつらいよ 寅次郎恋やつれ
第14作:男はつらいよ 寅次郎子守唄
第15作:男はつらいよ 寅次郎相合い傘
第16作:男はつらいよ 葛飾立志篇
第17作:男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け
第18作:男はつらいよ 寅次郎純情詩集
第19作:男はつらいよ 寅次郎と殿様
第20作:男はつらいよ 寅次郎頑張れ!
第21作:男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく
第22作:男はつらいよ 噂の寅次郎
第23作:男はつらいよ 翔んでる寅次郎
第24作:男はつらいよ 寅次郎春の夢
第25作:男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花

@Press

トピックスRSS

ランキング