クッキーにメッセージを描いて気持ちを伝える「クッキーメール」、販売開始から1年で累計 販売個数“1万個”を突破

@Press / 2014年12月15日 13時30分

クッキーメール
クッキーメール株式会社(本社:千葉県長生郡、代表取締役:石原 康次)が、2013年12月1日に販売開始した「クッキーメール」は、「お菓子を贈ってお礼やお祝いの気持ちを伝える」という習慣をさらに発展させたことが高く評価され、販売開始から1年で累計 販売個数“1万個”を突破しました。


◆商品概要
「クッキーメール」のWEBサイトでメッセージ文を入力して注文すると、そのメッセージの文字をクッキー1粒1粒に描き、クッキーの手紙を作ってご指定の宛先にお届けします。クッキーの文字は食用の天然色素で描かれるため、そのまま丸ごと食べられます。
文字数は35文字、70文字、105文字の中から選べ、パッケージも用途によって選ぶことができます。

「クッキーメール」のWEBサイト http://cookiemail.jp/


◆販売開始後1年間の状況
「クッキーメール」は、2013年12月の販売開始以来、1年で累計 販売個数“1万個”を突破しました(当社調べ)。また、注文者の26.1%は複数回の注文をしており(当社調べ)、高いリピート率から顧客満足度の高さがうかがえます。


◆販売好調の要因
「お菓子を贈ることによってお礼やお祝いの気持ちを伝える」という習慣が広く根付いていますが、そのお菓子の持つ機能をさらに発展させ、「お菓子そのものが贈り主のメッセージを伝える」というユニークなサービスが、プレゼント市場で高く評価されたと思われます。
また、全注文の86.4%は35文字の商品であり(当社調べ)、短い言葉で想いを届けられることが、長い手紙を書くことが苦手な消費者のニーズに応えたともいえます。


◆東日本大震災がきっかけ
2011年3月の東日本大震災をきっかけに、食用色素を使って、被災者への応援メッセージをマシュマロの表面に描き、東北の避難所へ送りました。その後、お礼の手紙を多くの方から頂きました。家族を亡くした中学生から、「もう一度頑張る気持ちになれました」と書かれた手紙を受け取った時、「クッキーメール」のアイデアが芽生えました。お菓子で人にメッセージを届ける、これをもっと進化させたいと思い、たどり着いたのが「クッキーメール」です。


◆利用目的
「クッキーメール」で交わされるメッセージの内容は、誕生日プレゼントや結婚祝い(祝電がわり)を目的としたものが最も多く、季節により、クリスマス、バレンタインデー、ホワイトデー、母の日、父の日、敬老の日、お歳暮、卒業祝い、入学祝いなどを目的とした利用が多く見られます。中にはプロポーズのメッセージなどもあり、広く様々な目的で利用されています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング