のどの乾燥が気になる季節、ホンネはマスクを着けたくない!?風邪予防に有効と思いながらも約6割はマスクをせず。

@Press / 2014年12月22日 18時0分

図1
「カリンで風邪予防普及会」は20~60代男女500人を対象に2014年12月に風邪予防の実態についてインターネット調査を実施しました。その結果、約8割の人が風邪予防にマスクが有効と思いながらも約6割は『日頃マスクをつけない』ことが明らかになりました。


■6割の人はマスクを着けない。さらに8割の人は「着けたくない時・場面がある」と回答。
●増えるマスク生産量
空気が乾燥し、風邪予防の意識が高まる季節。手洗い、うがいに加え、咳マナーやのどの乾燥予防にマスクを着用して風邪を予防するという人も増えていると聞きます。実際、マスクの生産量は09年に新型インフルエンザ騒動で一気に増え、現在では国内の年間生産数は38億枚にも上ります(2013年度・一般社団法人日本衛生材料工業連合会調べ)。

●マスクは予防に有効と思いつつ、本音は「着けたくない」?!
にもかかわらず、今回の風邪予防に関する調査では、8割以上の人はマスクが風邪予防に有効だとは思いながらも、約6割の人はマスクをあまり着けないということがわかりました。とくに男性は女性よりその比率が高く、66%の人がマスクを着けないと答えています。また、マスクを着ける人でも「着けたくない時がある」と答えた人は8割にのぼり、理由は「人と会う時」「おしゃれしたい時」が目立ちます。マスクの下のホンネは「つけたくない」のかもしれません。

(図1) http://www.atpress.ne.jp/releases/55461/img_55461_1.jpg


■のど対策に持っているモノ、持っていたいモノは男女とも飴が人気
●男女とも飴が人気
のど対策に持っているものは男女ともに飴がトップ。次いでマスク、飲み物という結果となっています。乾燥が気になる季節は、手軽にのどに潤いを与えるものを手元に持っておきたいという意識の表れかもしれません。


■9割以上が「カリンがのどに良い」と知っているのに、実際にカリンを取り入れている人は少ない。
●知っているようで知らないカリン
全体の7割近くの人が「カリンがのどに良い」と答え、「のどに良い成分」として「カリン」をあげている一方、かりんそのものについて「よく知らない・知らない」と答えた人も6割いました。カリンは知っているようで知らない果実、の代表と言えるかもしれません。

●60代以降では4割以上が「カリンを取り入れている」。
さらにカリンを実際に取り入れているかという質問には7割以上の人が「取り入れていない」と答えました。利用法としては飴が85%でトップ、次いではちみつ漬け、シロップ漬けと続きます。取り入れている人が43.3%と全体よりも高い数値を見せたのは60代。昔から伝承されたカリンの良さを生活に取り入れてきた片鱗が見えます。

@Press

トピックスRSS

ランキング