六甲ガーデンテラスマルシェ 第5弾 10月31日(土)&11月1日(日)加古川産が登場 加古川和牛&日本三連覇たまごかけごはん実食も!

@Press / 2015年10月27日 17時15分

イメージ写真
阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:藤原崇起)のグループ会社である六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:岡本交右)が六甲山上で運営する六甲ガーデンテラスでは、食欲の秋を楽しんでいただこうと、兵庫県下の地元の食材を集めた「ひょうご五国の恵みたっぷり!六甲ガーデンテラスマルシェ」を開催します。
詳細ページ → http://bit.ly/1LJJuts

兵庫は古来、淡路・摂津・丹波・但馬・播磨の五つの国から成り立ち、それぞれが変化に富んだ風土と地域文化を持つ食材の宝庫です。「六甲ガーデンテラスマルシェ」では、11月下旬までの土日祝に、魅力溢れる兵庫県各地域の新鮮食材を取り揃え、即売会と実食メニューの提供を予定しています。

第5弾として、10月31日(土)・11月1日(日)には、加古川産の作物が出展し、加古川産新米(キヌムスメ)キュウリ・ミディトマト・なす・小芋・安納いも・紅はるか・大根・白菜・かぶら・キャベツ・ねぎ・小松菜・水菜・ルッコラ等の、採れたての新鮮野菜の即売会を行います。さらに、但馬牛を素牛とした地元のブランド牛「加古川和牛」や日本TKG(たまごかけごはん)シンポジウムで3連覇した加古川産の「オクノのたまご」も、実食メニューとして登場します。このたまごを使用した「たまごかけごはん」は、今年度のシルバーウィーク期間中に5日間で1,200杯以上、マルシェ第1弾での提供時には2日間で600杯以上注文があった人気メニューです。

六甲ガーデンテラスは、関西国際空港から明石海峡大橋まで臨む六甲山頂付近に位置し、毎年多くの観光客が来訪する観光スポットです。当施設では、「六甲ガーデンテラスマルシェ」開催を通じ、観光客への兵庫の魅力の発信に貢献して参ります。

ひょうご五国の恵みたっぷり!六甲ガーデンテラスマルシェ 第5弾 概要
【日程】10月31日(土)・11月1日(日)
【場所】六甲ガーデンテラス内見晴らしのデッキ
【時間】10:00~19:00
    ※開催時間は変更する場合あり
    ※雨天中止
【後援】加古川市、加古川市農林漁業祭、神戸・稲美近郊農家有志

◆六甲ガーデンテラスについて
標高約880mに位置する六甲ガーデンテラスは、明石海峡大橋から関西国際空港まで臨む全国でも有数の眺望スポットです。エリア内では、季節や当地ならではの食事や買い物を楽しめる、神戸を代表する観光スポットの一つです。


<資料に関するお問合せ先>
六甲ガーデンテラス TEL:078-894-2281 / FAX:078-891-1171
HP: http://bit.ly/13CuvPH

<六甲ガーデンテラス概要>
【営業時間】9:00~21:30(季節・曜日・天候・店舗により異なります)
【定休日】無休(冬期は店舗により不定休)
【所在地】〒657-0101 神戸市灘区六甲山町五介山1877-9

リリース(PDF)  http://bit.ly/1kKCBRV

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

六甲ガーデンテラス

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング