アラサーに忍び寄る恐怖‼︎「シミ」の原因&おすすめ美白アイテム8選

美人百花デジタル / 2019年6月1日 20時0分

写真

毎日お手入れしているのに、ストレスや忙しさで肌トラブルが頻出…。そんなアラサーレディのリアルな悩みに応えた、スキンケアの特別企画。今の肌状態をしっかりと把握して、解決に導く方法をご提案します! 今回は、アラサーになって急に増えてきた「シミ」でお悩みのレディに、意外に知らない原因と編集部おすすめの美白アイテムを伝授します♪

 

■シミが増えてきた!?

肌の奥からうっすら浮かび上がってきたり、もともとあったシミが濃く見えたり。忍び寄るシミの恐怖に、怯えるアラサーが続出!

<シミの原因>20歳までに浴びた紫外線によるシミの種が芽吹くとき
シミを作る分の紫外線は、20歳までに浴びつくしています。すでにまかれたシミの種が20歳頃からうっすらと目覚め始め、アラサーでくっきりと。アウトドア派かインドア派か、ケアの有無、肌質などによって、濃さに個人差が。また、加齢で紫外線ダメージを払拭する抗酸化力が低下することも影響します。

<シミ対策>3か条を守ってシミに負けない!

1. UVアイテムをミルフィーユ塗り
アウトドアで過ごす時間が長いときは重ね塗りを。VCなどの抗酸化系スキンケア→UVカット下地→UVカットファンデ→仕上げのパウダー粒子で、紫外線を散乱のフル装備で。

2. 窓に近い席は要注意!外でも日陰を選んで
室内でも油断禁物。窓を通過する紫外線量は、外の日なたとほぼ同じと考えて。できれば、カーテンをひく、窓に背を向けるなどで物理的に遮断する対処を。外は日陰を歩くのが基本。

3. 抗酸化パワーのある食材で内側からケア
紫外線によるダメージを減らすのが抗酸化力の高い食材。トマトやブロッコリーといった色の濃い野菜、ポリフェノール豊富な食材などが定番です。VCのサプリメントも◎。

 

■編集部おすすめの美白アイテム8選

・(化粧水)潤わせて美白効果をブースト

美白成分トラネキサム酸と保湿成分の合わせ技で明るい肌に。

米肌 肌潤美白化粧水(医薬部外品)120ml ¥5,500/コーセープロビジョン

・(乳液)潤いを抱え込みクリアな純白肌に

水分の浸透を高めしなやかな白さに。

エクサージュホワイト ホワイトライズ ミルク Ⅱ200g(医薬部外品) ¥5,000/アルビオン

・(美容液)美白効果ばっちりで透明感のある肌へ

a. 色ムラをケアしてなめらかな美肌に。濃縮された美白効果とエイジングケア成分配合。

b.安定化ビタミンC誘導体配合が、メラニン生成を抑える。すっと浸透、輝くような透明感へ。

c. シミを防ぎながら保湿。乾燥ぐすみを防いで、輝きを放つ。

d.シミが目立つこめかみから頬骨上にかけてのCゾーンにピタッとなじみ、透明感をもたらす美容液。

(右から)リニュートリィブUR ホワイト セラム(医薬部外品)30ml ¥36,000/エスティ ローダー  フェアルーセント 薬用ホワイトセラム(医薬部外品)100ml ¥10,000/メナード カネボウ イルミネイティング セラム(医薬部外品)50ml ¥20, 000/カネボウインタ ーナショナルDiv.  DHC ザ スノー ショット20g ¥3,000/DHC

・(シートマスク)紫外線ダメージ防止、10分で明るく

集中ケア用のシートマスク。

トランシーノ薬用 ホワイトニングフェイシャルマスクEX(医薬部外品)4 枚 ¥1,800(編集部調べ)/第一三共ヘルスケア

・(ファンデーション)シミをカバーしながらずっと美白

美白有効成分が入ったファンデーション。

HAKU 薬用 美白美容液ファンデ(医薬部外品)SPF30・PA+++ 30g ¥4,800(編集部調べ)/資生堂

 

■教えてくれたのは・・・

銀座ケイスキンクリニック院長 慶田朋子先生 医学博士。

最新レーザーと注射によるメスを使わないナチュラルエイジングケアと丁寧なカウンセリングが好評。著書に『365日のスキンケア』。

 

本誌6月号「アラサーレディの肌トラブル最新レポート」では、他にも肌トラブル別に解決法をご紹介したます。ぜひチェックしてください!

撮影/志田裕也[静物] 取材・文/小田芳 イラスト/島タイガー

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング