デートでわかる「危ない男の特徴」3つ!こんな人には深入りしないで

ココロニプロロ / 2019年1月18日 16時55分

写真

デートでわかる「危ない男の特徴」3つ!こんな人には深入りしないで



【元ホステスが語る男ゴコロの裏事情315】

ダメンズとは付き合いたくないのに「ダメンズのコレクターですか?」ってくらい、歴代彼氏がことごとくダメンズという女子もいますよね。


「またダメンズじゃん」とならないためにも、交際前や交際初期のデートで相手を見極めたいところ。好きになってからではなかなか離れられないですからね。

というわけで、デートでわかる「危ない男の特徴」をお話ししたいと思います。

■これはアウト!自撮りに必死な男
筆者の元カレの1人が、デート中、自撮りに必死な人でした。2人の思い出の写真を撮る“ついで”ならまだしも、筆者とのツーショットは撮らず、1人でインスタ映えしそうなモノや壁をバックに自撮りしてるんです。

一緒にいるのに……と置いてけぼりな気分でした。正直「この人、性格ヤバいかも」と感じましたね。

その予想は的中。自宅で男友達だけでなく、女友達も呼んでホムパをするのに、筆者のことは一度も家に入れてくれず(だいたいの住所しか知らない)、一緒に映画を観たのに、SNSには1人で鑑賞したようなことを書いてたり。

自撮り好きな男はやっぱりナルシスト。基本、自分のことしか考えてないし、彼女がいても他の女子にチヤホヤされたがるし、結構めんどくさいです。

遊ばれてるんだろうと思いましたが、「付き合ってるのはお前だけ」と言うし、「なんで私と付き合ってるの?」と聞けば「好きだから」と答えるし。言葉と行動がちぐはぐすぎて、最終的には筆者から離れました。

「それでも彼が好きなの」と言うのなら止めませんが、自撮りに夢中な男はやめることをおすすめします。

■そんなことで……?怒りっぽい男
ちょっとのことですぐ怒る人っていません?「え?」と思うような理不尽なことで怒る人もいますよね。怒りっぽい人は短絡的な言動が多く、一緒にいても振り回されがちだから離れたほうがいいかと。

筆者も過去に怒りっぽい年上男子と付き合いました。彼がデート中「ド〇モショップに寄りたい」と言うのでついて行ったら、入店早々、店員さんに「ケータイの引き落とし口座を変更したはずなのに、前の口座から引き落とされてるんだけど!」とガチギレ。

別にその店員さんが手続きをミスったわけでもないのに、キレてる意味がわからず、横から「このお店の人が悪いわけじゃないでしょ。何でそんな言い方するの?」と口出ししたら少し冷静になりましたが……。いい年してヤバいなと引きましたね。

他にも短絡的な行動が目立ったので別れることに。怒りっぽい人は自己チューというか、相手や周りの人の気持ちを考えないため厄介です。一緒にいると気分が下がるから疫病神みたいだし。

■歴代彼女が全員かなり年下という男
いい感じの男性とデート中、過去の恋愛の話をすることもありますよね。そういうときは、相手が過去に何歳くらい年下と付き合っていたか聞いてみましょう。

元カノが全員、年の離れた若い子という人は、たぶん精神的に幼いです。“恋愛に年齢は関係ない”と言いますが、それは実年齢であって、精神年齢に差がありすぎるとしんどいですよ。

筆者も以前、15歳年上の人と付き合ったのですが、筆者の前は10歳年下のOL、その前は18歳年下のホステスさんと交際していたそう。最初は「年下が好きなんだー」と思いましたが、付き合ってわかったんです。頭の中がかなり幼稚だってことに。

付き合うまでは頻繁に会ってたのに、交際した途端、仕事に没頭。それくらいならいいけど、仕事終わりに会う約束をした日、LINEをしても返事が来ないし、電話をかけても音沙汰なし。翌日「ごめん」の一言もなく「スマホの電池が切れてて連絡できなかった」と。

「言い訳はそれだけ?」と送ったら、適当にスタンプ1個だけ送ってきました。「あー、アラフォーのくせにガキだな」と頭に来てLINEでフることに。

そうしたらやっと「ごめん、以後気をつけるから」と来ましたが、元カノたちにもこういうことをしてきただろうし、簡単に治るくらいなら筆者にそんなことはしなかったと思うのです。

幼稚な男は、人生経験の浅い若い女子としか付き合えないんですよ。年齢の近い女性とはきっと釣り合いません。

■違和感はスルーしないで
デート中に「あれ?」となったら、その違和感はスルーしないほうがいいですよ。「ヤバい」「おかしい」という女の勘は、高確率で当たりますから。



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング