「彼女と結婚したくないかも…」男性がマリッジブルーになる原因はこれ

ココロニプロロ / 2019年6月26日 18時55分

写真

「彼女と結婚したくないかも…」男性がマリッジブルーになる原因はこれ

結婚が決まって幸せなはずなのに、なんだか情緒不安定…みたいな話を聞いたことはありませんか?

俗に言う「マリッジブルー」ってやつなのでしょうが、この間までノロケ話ばかりだった友達から婚約者の愚痴を延々聞かされたら、こっちまでイライラしたり、「結婚ってそんなに大変なの?」と不安になったりしますよね。

■マリッジブルーになる主な原因は?
全国に結婚式場を展開するアニヴェルセルの調査(20~30代の未婚・既婚男女824名)によると、マリッジブルーになった原因のTOP3はこんな結果だったそうです。

--------------------
1位:金銭面への不安
2位:本当にこのパートナーでいいか悩んだ
3位:パートナーの家族との関係
--------------------

「彼でいいのか?」や「相手の家族との関係」はイメージが湧きやすいけれど、1位は意外にも「金銭面への不安」!恋人から夫婦に変わる過程で、急にリアルな「生活」が気になり始めるのでしょうか。

まあ、これから数十年一緒に暮らして、子どもも生まれて…とか考えたら、現実的にならざるをえないのかもしれません。

4位以降は「新生活への不安」「パートナーへの不信感」「仕事と結婚生活との両立」といった回答が続きます。“不安”はともかく、ここに来て“不信感”を持つって悲しいですよね。

女性からわりとよく聞くのが「2人のことなのに、彼が結婚式を丸投げしてきた」的な愚痴。そのストレスのせいで胃炎になった、という人もいました。

それが不信感につながる場合もあるし、彼が「最後だから!」とばかりに遊びまくり、彼女が浮気を疑ってギスギスする、なんてこともあるでしょう。

■新郎もマリッジブルーになる!?
でも、マリッジブルーになっても、乗り越えて結婚した人はたくさんいるわけで。みなさん、どんなマリッジブルーを経験したのか…?30~40代の既婚者にリサーチしてみました。

◎パートナーにがっかり



「彼が頼りなくて嫌になった。結婚してもうまくいかない気がした」(40代女性)

「一緒に暮らし始めて、思ったよりだらしなく、掃除も苦手なことがわかった」(30代男性)

◎パートナーの親が嫌



「結婚が決まるまで相手の親と会ったことがなかったが、会ってみると子離れできていず、あれこれ口を出してきた。挙句、私や親のことを悪く言ってきて。そんな親がいて結婚生活が続くか不安になった」(30代女性)

「挨拶に行ったら相手の親が感じ悪くて、家族になるのが嫌だなと思った」(40代男性)

◎結婚式の準備



「式の準備が大変で、途中で何もかも投げ出したくなった。慣れない環境で生活し始めたのが原因かも」(30代女性)

「結婚式の打合せを進める中で、相手と価値観が大きく違うことに気づき、先行き不安に」(40代男性)

新婦だけでなく新郎も、結構ため込んでいるものなんですね。女性の「マリッジブルー」エピソードはちょいちょい耳にしますが、男性の話を聞く機会はなかったので新鮮でした。

■友達からの“もらいブルー”にご用心
ちなみに、いろいろな体験談があった中で興味深かったのが、こちらです。

「親友から話を聞いて、もらいブルーになった」(30代女性)

“もらい笑い”や“もらい泣き”ならいいけれど、“もらいブルー”は勘弁してほしいところ!でも仲のいい友達同士、結婚の時期も同じくらいで、しょっちゅう恋バナや情報交換をしていると、こういうことは往々にして起こるのかもしれません。

もともと、彼氏の愚痴は友達に言っても解決しないと思いますが(本人は多少すっきりするにしても)…お互いに結婚を控えている場合は、絶対にやめたほうがいいでしょう。逆にノロケ合ったら、双方“もらい幸せ”になってよさそうですが!




この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング