BMW 320i xDrive新車情報 3シリーズ初となるAWD車の追加は、降雪地帯のセダン需要も取りに来たBMWの本気の証!?【ニュース・トピックス:BMW】

CORISM / 2012年8月14日 10時10分

BMW 320i xDrive

AWDのxDriveを3シリーズに初投入! 降雪地帯のセダン需要も取りに来たBMW!

 BMWは、BMW 3シリーズ セダンのラインアップに、BMWのセダン・モデルにおいて初となる右ハンドル仕様の4輪駆動モデル「BMW 320i xDrive(サン・二―・マル・アイ・エックス・ドライブ」を追加し、注文の受付を開始した。納車は、2012年9月からを予定している。

 BMW3シリーズは、2012年1月にデビューしたばかりのモデル。上級グレードの328iの導入から始まり、売れ筋の320i、そしてBMWの低燃費思想エフィシェントダイナミクスを具現化したアクティブハイブリッド3と立て続けに3シリーズのグレードを続々追加してきている。

 そして、今回AWDシステムをもったBMW 320i xDriveが発売となった。320i xDriveは、BMWならではの俊敏なハンドリングと、4輪駆動の長所である走行安定性を兼ね備えたモデルでもある。

 BMWというと、どうしてもFRのハンドリングマシンというイメージが強い。AWDになると、そんなBMWらしさが失われると思いがちだが、意外とAWDを強く意識させられることなる走れる。そんなxDriveは、ステアリングの切れ角やホイールの回転速度など、車両データから、オーバーステアやアンダーステアなどの兆候を察知すると、システムが電子制御式多板クラッチを通して瞬時に前後アクスルへの駆動トルクを可変配分する。滑りやすい路面でなければ、基本的にFRの感覚で乗れるAWDシステムがxDriveなのだ。

 320i xDriveになり車両重量は、320iに比べ110kgほど重くなっている。さすがに、軽快感は薄れるだろうが、その分、より高い操縦安定性を手に入れることができる。おもしろいことに、AWD化されても車高は変わっていないので、スポーティなルックスはそのままである。

 燃費は、320iのJC08モーでで16.6km/Lから15.2km/Lへと1.4km/Lほど落ちた。それでも、エコカー減税対象モデルとなり、自動車取得税および重量税が75%減税される予定だというからさすがた。

<BMWアクティブハイブリッド3の情報はコチラ>
BMW ActiveHybrid 3(アクティブハイブリッド3)新車情報 BMWの攻勢第2弾は、瞬発力あるハイブリッド!

<BMW320iの情報はコチラ>
スポーツだけがBMWじゃない! 走る楽しさと低燃費を両立。主力3シリーズの真打ち登場!【BMW320i新車情報】

 また、BMW 320i xDriveの価格は、500万円を切る480万円からとし、「Sport(スポーツ)」、「Modern(モダン)」、「Luxury(ラグジュアリー)」のデザイン・ライン、「M Sport(エム・スポーツ)」がラインアップに設定される。さらに、BMWは、年内にも3シリーズにクリーンディーゼル車を投入する予定も噂されている。ますます拡充し、隙がなくなるBMW3シリーズのラインアップ。ライバルであるメルセデス・ベンツCクラスだけでなく、価格がさらに下がれば今以上に国産車ユーザーもBMWへと流れる可能性もある。国産セダンが不調なのは、多くのユーザーが輸入車へシフトしてしまったことも大きな理由のひとつ。今まで無かった3シリーズにAWDを投入し、降雪地帯のセダンマーケットを取りに来たBMW3シリーズ。国産車もうかうかしてはいられない。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング