BMW ActiveHybrid 7(アクディブハイブリッド7)試乗評価 待望のマイナーチェンジ! 走りと低燃費性能は進化したのか?【レビュー:BMW】

CORISM / 2013年2月13日 7時7分

BMW ActiveHybrid 7(アクディブハイブリッド7)

やっと? 待望のマイナーチェンジしたBMW7シリーズ。大幅に燃費が向上したハイブリッドモデルの評価とは?

 BMWのフラッグシップモデルの7シリーズがマイナー・チェンジし、「やっと」後期型となった。「やっと」と言うのも現行モデル(F01,F02)がデビューしてから3年以上が経過したが、この間、BMWはパワートレーンの変更が進み、1シリーズでさえも8速ATが採用されたのに、7シリーズは一部のモデルを除き6速ATのままであった。このマイナー・チェンジで「やっと」全モデルに8速ATが標準となった。

 またハイブリッド・モデルは待望の右ハンドルモデルの追加と、4,4リッターV型8気筒エンジンから3リッター直列6気筒ツイン・ターボ・エンジンに変更となり、パワーはダウンしたが燃料消費率(JC08モード)は14.2km/Lに改善され、クラスでトップとなった低燃費性能は評価したい。

 試乗車は、エンジンが変更になったアクティブ・ハイブリッド7である。試乗の少し前にアクティブ・ハイブリッド7L、ロング・ホイールベース・モデルの後席に、成田空港から都内まで乗せて頂く機会があった。エンターテインメント・システム、リヤ・コンフォート・シート(マッサージ機能付き)のフル装備のモデル。

 一言で感想を言えば「快適な空間」で、移動におけるストレスは最小限で、東北新幹線のグラン・クラスより快適であった。全体的な高級感はフラッグシップ・モデルらしく更に高くなったが、一つだけ気になったところがある。それは、フロントシート背部に設置されているモニターの枠がコストダウンの為か簡素となってしまい、密かに憧れていただけに残念な改良であった。

 フェイスまわりでは、LEDヘッドライトが採用されたフロント・マスクはキリとしたシャープなイメージに変わった。あちらこちらに「ActiveHybrid 7」のロゴが配置、刻まれ、ハイブリッド車である事の主張がされている。2トンを越える大きく重いボディは、動き始めこそ、その重さを感じるが、更にアクセルを強く踏めばモーターがアシストを開始し、システム・トータルでは354psの最高出力と、51kgmの最大トルクを発揮するため速いクルマである。しかし、V8エンジンを搭載した前モデルの超過激な加速と比較すると物足りないのも事実である。

新車情報・新車試乗評価CORISM

エンジンの存在感を主張するアクディブハイブリッド7

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング