スバル エクシーガ新車情報・購入ガイド 豪華装備をてんこ盛り?! お買い得な特別仕様車エアブレイク登場! 【ニュース・トピックス:スバル】

CORISM / 2014年8月4日 14時14分

スバル エクシーガ エアブレイク(AIRBREAK)

お買い得な特別仕様車だが、車両価格そのもののは高価なモデル。ジックリ検討して選びたい

 スバル は、ミニバンエクシーガ を一部改良し、特別仕様車「エクシーガ エアブレイク(AIRBREAK)」を設定し、2014年8月22日に発売を開始する。

 スバル エクシーガは、2008年にデビューしたモデル。すでにモデル末期といえる状態。デビュー当初はスバルの7人乗りミニバンということで、高い走行性など非常に期待された。しかし、タイミングが悪いことに、当時エクシーガやオデッセイウィッシュ などロールーフ系でスライドドアをもたないミニバンマーケットは、すでに人気薄となっていた。そんなマーケットだったため、エクシーガの販売台数は伸び悩む。月販販売台数も1,000台を超えるのは稀な状態だ。

 それでも、スバルは走行性能や安全性の向上、燃費やエコカー減税への対応など地道に改良を加えていった。2.5Lエンジンの搭載や、2.0Lエンジン車の廃止など、グレードや装備の見直しも行われた。そして、2012年にはスバルの基幹安全技術のひとつであるアイサイト がエクシーガに搭載された。

 今回の投入された特別仕様車「エアブレイク(AIRBREAK)」は、「2.5i EyeSight」をベースとし、開放感あふれるパノラミックガラスルーフの標準装備。さらに、サテンメッキ塗装のドアミラーやハイラスター塗装のアルミホイール、シャンパンゴールドステッチをあしらったシートの採用。また、運転席&助手席に、8ウェイパワーシートやキーレスアクセス&プッシュスタートなど快適性を高める上級装備を採用した。

 これらの装備が装着されたエクシーガ エアブレイクは、全体的な質感や高級感などが魅力なモデルとなっている。価格は2,754,000円と、ベースモデルから約16万円のアップ。この価格アップ分で、これだけの豪華装備が付けられるというのであれば、モデル末期とはいえかなりのバーゲンプライスと言っていい。エクシーガの購入を考えているのであれば、このモデルを中心に選んでもいい。

 ただし、モデル末期のクルマであるということと、270万円を超える価格はスライドドアをもつ5ナンバー ミニバンであるノアヴォクシーセレナ の上級グレードが狙える価格帯。スバルの最新モデルであるレヴォーグ も買えてしまうほどだ。これらのモデルとじっくりと比較検討するといいだろう。大雑把だが、装備内容と走行性能ではエクシーガ、スペースと利便性では5ナンバーミニバンということになる。

 また、新グレードも追加された。「2.0GT-S EyeSight」は、2.0Lターボエンジンを搭載し、スポーティモデルとして好評な「2.5i spec.B EyeSight」で採用しているレッドステッチ付のアルカンターラ+レザーシートや本革巻ステアリングホイールを採用した。225ps&326Nmというミニバンとは思えないほどパワフルでハイパフォーマンスな性能を有するエクシーガ最上級モデルに相応しいスポーティな内容となっている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング