ヴィヴィアン・ウエストウッドアングロマニア、初単独店がラフォーレ原宿にオープン

FASHION HEADLINE / 2013年12月12日 11時15分

写真

ソックアニマル

インコントロは「ヴィヴィアン・ウエストウッド アングロマニア(Vivienne Westwood Anglomania、以下アングロマニア)」の国内初単独ショップを2014年2月22日、ラフォーレ原宿1階にオープンする。

アングロマニアは1998年春夏よりスタートしたヴィヴィアン・ウエストウッドのディフュージョンライン。14SSより英Vivienne Westwood社との共同企画によるライセンスラインを本格的に立ち上げた。ヴィヴィアン・ウエストウッドらしいパターンやプリントの他アーカイブをアレンジしたデザインなどが特徴。

14SSのアイテム構成はウィメンズウエアに加え、ヴィヴィアン・ウエストウッド初となるホームウエアやビーチタオルなどのライフスタイルグッズ、リユース素材を使った商品を展開する。

ゴールドレーベルで発表したペーパージュエリーのデザインを用い、製作過程で出る廃材を再利用したレザージュエリーや、コーヒー豆の袋を再利用しオリジナルプリントを載せたトートバッグ、ソックスやタイツを縫い合わせたハンドメイドのぬいぐるみ「ソック・アニマル(Sock Animal)」(大/3万1,500円、小/1万9,950円)など、ヴィヴィアン自身が注力している環境保護活動に連動したリユース・アイテムが様々なラインナップでそろう。

ショップの内装は廃棄された船材を再利用して設計。レジカウンター後方には天地逆となったロンドンのピカデリー・サーカスのグラフィックが施される。オープン記念ノベルティとしてオリジナルエコボトルを用意している。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング