マリリン・モンロー愛したシャンパン「パイパー・エドシック」

FASHION HEADLINE / 2014年10月29日 22時0分

マリリン・モンロー愛したシャンパン「パイパー・エドシック」

1785年に創業し、老舗シャンパーニュメゾン「パイパー・エドシック」。創業者が王妃マリー・アントワネットに献上、14ヶ国の王室御用達拝命、マリリン・モンローのお気に入りなど、200年以上もの長い歴史の中で、常に華やかさを放ち続けているシャンパーニュ。また、時代を超えて多くの人々を魅了してやまない情熱的な赤いラベルが特徴の一つ。

「エッセンシエル キュヴェ ブリュット」(産地・フランスシャンパーニュ地方、主要ブドウ品種・ピノ・ノワール主体+ピノ・ムニエ、シャルドネ、5,800円)は、以前のブリュット・ノン・ビンテージより12ヶ月間長い36ヶ月間瓶熟成させ、ストラクチャーも、フルーティーさも、より深みを増し、豊かな味わいが堪能できる。グラスに注げば、繊細な泡と透き通った黄金色が輝きを放ち、リンゴや洋梨のフレッシュな香りと、ローストアーモンドやスイーツの甘い芳香に嗅覚を刺激され、口の中では、グレープフルーツやレモン、金柑などの柑橘類と春の草花の新鮮なノート広がる。まさに、シャンパーニュファンが、待ち望んでいた逸品といえよう。

最高醸造責任者のレジス・カミュ氏曰く、「各国の料理とマッチするが、その中でも特に、刺身や寿司などの和食との組み合わせが最高」だとか。仲間と喜びを分かち合うハレの日はもちろん、日々のライフスタイルに取り入れることもできそうだ。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング