1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

令和3年最新版。コロナの影響で収入減? 日本人の平均給与はいくら? 給与1000万円以上の割合は?

ファイナンシャルフィールド / 2021年11月30日 11時20分

写真

2021年は去年に引き続き、新型コロナウイルスの影響で収入が減り、経済的に苦しい毎日を送っている人もいるかもしれません。国税庁の調査により、最新版の日本人の給与が明らかになりました。日本人の平均給与はどのくらいなのか、給与1000万円以上の人はどのくらいいるのかなど、今回は日本人のお給与事情について、詳しくご紹介します。

最新の日本人の給与

国税庁の調査(※)によると、令和2年の日本人の平均給与は、以下のとおりとなっています。
 

男性:532万円
女性:293万円
全体:433万円

 
男性は、55歳~59歳の平均給与が最も高く、668万円となっています。女性は、45歳~49歳の平均給与が最も高く、321万円です。女性は年齢によって、平均給与に大きな違いがないという特徴があります。
 
令和2年の平均給与は、男性は前年比1.4%減、女性は前年比1.0%減となっており、全体の平均給与も前年から減少傾向が見られました。
 

給与400万円以下は約半数

次に、給与の金額とその割合についてチェックしていきます。給与が1000万円までの給与階級別の人数の割合は、以下のとおりとなっています。
 

<年間給与階級別割合 1000万円以下>

100万円以下 :8.4%
100万円~200万円:13.8%
200万円~300万円:15.5%
300万円~400万円:17.4%
400万円~500万円:14.6%
500万円~600万円:10.2%
600万円~700万円:6.5%
700万円~800万円:4.4%
800万円~900万円:2.8%
900万円~1000万円:1.8%

 
この調査によると、給与が400万円以下の割合が全体の55.1%となっており、日本人の半数以上を占めていることが分かります。給与が200万円に満たない人の割合も22.2%となっており、5人に1人は給与200万円以下、つまり月収約16万円以下となっています。
 

給与1000万円以上の割合は?

一方、給与が1000万円以上の人はどのくらいいるのか、確認していきます。
 

<年間給与階級別割合 1000万円以上>

1000万円~1500万円:3.4%
1500万円~2000万円:0.7%
2000万円~2500万円:0.2%
2500万円超     :0.3%

 
給与1000万円以上の割合は、日本人全体の4.6%となっており、圧倒的に少数派であることが分かります。男女別に見てみると、男性の給与1000万円以上の割合は、男性全体の7.1%、女性の給与1000万円以上の割合は、女性全体の1.1%となっています。
 
また、給与1000万円以上の割合は、平成30年は5%、令和元年は4.8%だったことから、ここ3年間減少傾向が見られました。
 
このように最新の調査結果によると、日本人全体の平均給与や給与1000万円以上の人の割合が減少するなど、日本人の収入は減っていることが分かりました。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言などの影響で、日本経済や収入においても、打撃を受けていることが理由の1つとして考えられます。
 
いかがだったでしょうか。日本人の給与情報についてチェックすると、自分のお給与についても関心がわきますね。2021年も残りわずかとなりましたが、2022年に向けて、少しでもお給与をアップすることはできないか、収入をアップする工夫はできないか、来年のマネープランを考えてみてはいかがでしょうか。
 
出典
(※)国税庁 令和2年分 民間給与実態統計調査
 
※2021/12/1 出典に一部誤りがあったため、修正いたしました。
 
執筆者:下中英恵
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)、第一種証券外務員、内部管理責任者
 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください