【日本人は保険好き】と言われるが生命保険って本当に必要!?

ファイナンシャルフィールド / 2019年5月17日 9時15分

写真

「日本人は保険好き」などという言葉をよく耳にします。生命保険文化センターの調査によると、平成28年度では男性の80.6%、女性では81.3%が生命保険に加入しているそうです。   それでも最近は、一部のメディアで「保険は博打と同じで儲からない」といった否定的な言葉も散見されます。特に医療保険については賛否が大きく分かれるところだと思います。   最近は総じて、保険加入率の高さの実態をただ批判して、保険を悪者扱いする言葉が少なくないように感じます。では、保険には入った方が良いのでしょうか。それとも、入らなくても良いのでしょうか。今回は、生命保険にスポットをあててみたいと思います。  

なぜ保険に入るの?

保険への加入が必要かどうかは、それぞれの経済環境によって違うはずです。そもそも、生命保険は基本的に自分や配偶者、もしくは親に「万が一」のことが起こったときに経済的な補てんができるように入るものです。
 
では、「万が一」の際には、どのような経済的な補てんが必要なのでしょうか。
 

生活を継続できるようにすること

生命保険は、配偶者や親(家計収入の大半を稼いでいた人)が亡くなったときに、大きな役割を果たします。残された家族が、その後も経済的に最低限の生活を確保できることが何よりも大切です。 
 
公的(社会)保障制度の1つに遺族基礎年金があります。保険料の納付済期間が加入期間の3分の2以上であることなどの条件はあるものの、子供がいれば末子が18歳に達する3月末まで支給されます。
 
ただ、これも「万が一」が起こってしまった方のそれまでの年収や年金の加入期間により、支給される年金額が異なります。
 

生活にいくら必要なのか

生命保険が必要か、そうでないかは、家族構成や年齢、そして貯蓄などの資産がどれくらいあるかによって異なります。
 
年収が相当高く、年金加入期間も長い人は年金額も多いため、生命保険による保障額もさほど多くは必要ないはずです。そもそも、生命保険は必要ないかもしれません。
 
一方、若くて年収も低く、年金加入期間も短い場合には、生活に足りるほどの支給はなされません。
 
遺族厚生年金支給要件の1つに受給資格期間25年以上(300ヶ月)とあります。もし仮に25年未満でも、「みなし期間(300ヶ月)」としての計算がなされるため、支給要件は満たされます。
 
ただ、生活を万全に守れる水準の年金額にはなりませんし、将来の子供の進学などを考慮すると不足しがちです。
 
日頃から生活に必要な資金額を記録する習慣を身につけておけば、公的保障で不足する額を把握できますし、それ以上の保障を備える必要もないはずです。お子さんがいる場合は、将来の教育費がいくら必要かを常々チェックし、貯蓄を少しずつでも行うことが大切です。
 
特に今春社会人になられた人たちは、保険加入の勧誘が盛んになる時期です。「先輩も入っているのよ」「同僚も入ったわよ」などと勧誘され、ついつい入ってしまう方も多いと聞きます。
 
現に、日頃の業務で保険見直しの相談を受けると、何を目的に入った保険かを理解されていない方が大変多いです。
 
貯蓄性を高めた保険なら安心、極力保険料を抑えた掛け捨てだから大丈夫などと、安易に加入することは得策ではないですし、目的のない保険への加入は論外だと思います。
 
独身と家族扶養者とでは、加入の目的が異なります。資産はいくらあるのか、そもそも誰を守るのか今一度よく考えて、保険への加入の是非を判断して欲しいと思います。
 
出典:公益財団法人生命保険文化センター「生命保険に加入している人はどれくらい?」
 
執筆者:福本眞也(ふくもと しんや)
FPコンシェル代表取締役
 
関連記事
■社会人になったら保険は必要?保険だけでなく貯蓄の仕組みを作ろう
■【相談事例】「保険が月に35万!貯蓄型保険で貯めているけれど、貯金がない」 潜んでいた2つの問題点とは
■わかっちゃいるけどなかなかできない「保険の見直し」、3つの見直しのコツとは?
■生命保険の加入率が高いといわれる日本、どのくらい加入しているの?
■「掛け捨ての生命保険は損」って本当?貯蓄性のある生命保険に入ったほうが良いの?
 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング