プロ野球×横浜家系ラーメン! 神宮球場で家系ラーメンをすする!

ガジェット通信 / 2019年8月17日 7時30分

全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。8月も後半に差し掛かり、今年のプロ野球もいよいよ佳境になってきました。今年はセパともにデッドヒートで最後まで順位の分からない状況。目が離せないファンの方も多いと思います。

そんなことでプロ野球ファンは球場に足を運ぶ機会も増えてきていると思いますが、さて、球場でラーメンって食べますか? 実はそれぞれの球場では、結構ラーメンを出しているお店があります。なかなか席で食べるにはハードルが高いですが、トイレのついでにとかでお客さんがラーメンを食べている光景はよく目にしますね。おにぎりや弁当では汁ものがないので寂しいのか、サラリーマンの多い球場ではラーメンがテッパンなのか理由はわかりませんが、ラーメンを出している球場が多いことは間違いないようです。

そんな中でも神宮球場には12球団の球場で唯一(?)、横浜家系ラーメンが食べられます。家系ファンにはおなじみ、“せい家”です。ワンコインで家系が手軽に食べられるお店として人気ですが、昨年3月に実は神宮球場内にオープンしています。

お店があるのは3塁側ラーメンは700円。さすがに500円とはいかないものの、球場ごはんにしてはリーズナブルです。

通常の家系に比べるとライトで食べやすい感じに仕上げてあり、豚骨のやりすぎ感はなく、逆に鶏の旨味もよく出ています。平打ち固めの短めの麺はまさに家系で嬉しい。

家系ファンからすると若干物足りなさはあるかもしれないが、球場内のラーメンでしかも700円なら上等。私も先日、モニターで山田哲人選手のホームランを見ながらズルズルといただきました。ぜひお試しあれ!

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』

(執筆者: 井手隊長) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング