『ニンテンドー3DS』をすれ違いやすくする『すれ違い通信中継所』が設置されるぞ!

ガジェット通信 / 2013年8月6日 15時30分

『ニンテンドー3DS』の最大の魅力はほかのプレイヤーとすれ違うことで、同じゲームを遊んでいる人同士で更なるコミュニケーションを図れることにある。しかし環境によってはなかなかすれ違うことができない人も多いはず。

東京に住んでいるならまだしも、田舎に住んでいる人はなかなか大勢の人とすれ違うのは困難だろう。そんなすれ違いをサポートする『すれ違い通信中継所』が設置されることになった。この『すれ違い通信中継所』は中継所にデータを一時的に預かり、他の人が再度そこを通ったらすれ違うという仕組み。

今までのすれ違い通信は同じ場所に両者がいる必要があったが、その必要もなく『すれ違い通信中継所』の近くを通るだけですれ違うことができるようだ。

『すれ違い通信中継所』を利用するには『ニンテンドー3DS』のシステムバージョンを6.2.0-0以上にする必要があり、それ以下の人は本体更新を行う必要がある。

中継所に行ったら本体をスリープ状態のまましばらく放置しておくと、通常のすれ違い通信と同様に本体が緑に点灯する。これで中継所でのすれ違い成功。

全国のニンテンドーゾーン、フリースポット、ワイファインで『すれ違い通信中継所』のサービスを実施中。

画像:任天堂ウェブサイトより引用

すれ違い通信中継所(任天堂)

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング