マンCからゼニト移籍のJ・ガルシア「ビラス・ボアスの存在が大きかった」

ゲキサカ / 2014年8月15日 13時56分

マンCからゼニト移籍のJ・ガルシア「ビラス・ボアスの存在が大きかった」

 ロシアのゼニトがマンチェスター・シティのMFハビ・ガルシアを獲得したことを発表した。『uefa.com』によると、契約移籍金は推定1500万ユーロ(約20億円)、契約期間は5年と伝えられている。

 1987年2月8日生まれの27歳は、レアル・マドリーの下部組織出身で04年にトップチームデビューを飾った。その後オサスナやベンフィカでプレーし、12-13シーズンからマンチェスター・Cに加入していた。

 J・ガルシアは「ゼニトの選手になれてうれしいし、できるだけ早くチームの手助けをしたい。アンドレ・ビラス・ボアス監督から何度か電話をもらっていたし、彼の存在が移籍した大きな理由の一つだよ」と語っている。

▼関連リンク
プレミアリーグ2014-15特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング