[Fリーグ]神戸vs名古屋 試合後の神戸 小川監督&西谷主将コメント

ゲキサカ / 2014年8月20日 13時48分

[Fリーグ]神戸vs名古屋 試合後の神戸 小川監督&西谷主将コメント

[8.16 Fリーグ 2014/15第9節 神戸2-2名古屋 駒沢]

 Fリーグは16日、第9節1日目を駒沢体育館で行った。第2試合のデウソン神戸対名古屋オーシャンズは、2-2の引き分けに終わっている。試合後の会見に出席した神戸の小川亮監督は、「最後、追いつかれたのはもったいない試合になってしまったのかなと思います」と、2点をリードしながら追いつかれた試合を悔やんだ。また、キャプテンのFP西谷良介は「できたことを続けて行くこと。それが次にもつながっていくと思うし、結果にもつながっていくと思います」と、王者名古屋を相手にできた部分を継続していきたいと強調した。

以下、試合後の神戸・小川監督&西谷主将コメント

●小川亮監督
―今日の試合の総括を?
「まずは、やはり僕らのチームとしては、ここには勝ち点3を取りに来ていたので、勝ち点1というのは、満足いくかと言うと、そうではないかなと思っています。もちろん、名古屋さんが相手ということで、チームとしての力は相手の方が上だというのは、分かったうえで、僕らも、やれることをしっかりやろうとしました。先制点を取れて、2点目も先に取れた。常に名古屋を追いかけさせることはできたのは、良い部分でもあります。しかし、そこで最後、追いつかれたのはもったいない試合になってしまったのかなと思います。僕らも我慢する時間は長くなるというのが分かっていた上で、選手たちもそういう中で、最後まで体を張ったり、1対1で負けなかった。非常にタフに戦ってくれたので、それを本当に結果に結び付けたかった。本当に満足できる試合ではないので、また、次に良い準備をして、自分たちがもっと良くなるように、しっかりとやっていきたいなと思います。本当に我慢だけではなく、自分たちからもう少しアクションを起こして、主導権をとれるような。どの相手にもできるように、またしっかりトレーニングをしたい。選手たちは1試合を通して、高い集中力を保ってくれたと思うので、こういう試合を1試合で終わらせないように、今後も続けてやっていいけるようにしたいと思います」

●FP西谷良介主将
「なかなか勝ち点3を取れない試合が続いていますが、できたことがチーム的に増えてきています。できたことを、監督からもありましたように続けて行くこと。それが次にもつながっていくと思うし、結果にもつながっていくと思います。前半の戦い方は、すごく最近の神戸では、すごく評価できるというか、流れだったり、2点を奪って折り返せたというのは収穫です。高橋兄弟だったり、神戸といった、これまで出てこなかった選手がしっかり穴を埋めてくれて、自信も付けていると思うので。今後に向けてすり合わせて、次のホームでのシュライカー戦も勝ち点3をつかめるように頑張りたい」

(取材・文 河合拓)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング